アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ぶたのたね」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぶたのたね 作:佐々木 マキ
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年10月
ISBN:9784871101127
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,839
みんなの声 総数 174
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 弱いおおかみ

    佐々木さんの絵本ってどこかとても
    魅力的で私はついつい手にとってしまいます。

    今回は豚を食べたくて奮闘するおおかみ
    予想外のアクシデントに出会い
    結局逃げられてしまうおおかみ
    やけどしてもまだ諦めない強さ
    どこか人間にも共通する部分を感じてしまいました。

    弱い部分と強い部分がある。
    諦めない強さも必要だというメッセージのような
    気がしました。

    掲載日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろすぎてクラクラ

    初めて読んだとき、そのありえなさとおもしろさにクラクラしたことを覚えています。
    ぶたよりも足が遅く、野菜と木の実しか食べられずにいるオオカミが、「いちどでいいからぶたをつかまえて、そいつをまるやきにして、はらいっぱいたべたい」と、きつねはかせに相談します。するとぶたのなる木のたねをもらいました。
    ぶたのなる木というものが想像できませんでしたが、ぶたがまるごとたわわに実った木を見て唖然。それは何度見ても、いや思い出すだけでも笑ってしまう、衝撃の姿でした。
    そしてさらにあり得ない珍事が起こります。たたみかけるナンセンスな出来事がクセになって、大人がはまってしまう絵本だと思います。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみかわいそぉ〜

    大好きな佐々木さんの絵がみたくて購入しました。佐々木さんはオオカミが得意ですね。このオオカミは特にかわいそうですが・・・おもしろいです。なんたってぶたが木になるわ、ぞうのマラソン大会なんて、すごい発想!!ぶたやぞうの絵が思い浮かび、時々無性に読みたくなる絵本です。もうすぐ三歳の息子も一緒に楽しめます。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相当笑いました

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    私も息子も相当笑いました
    最近こんな笑う事あったかな?って感じるほど
    大笑いしました

    ぶたのたねって〜!!!
    次の日の朝
    ぶたが木にワサワサなっているページなんて
    何度見ても大笑い。

    2才の息子は公園で木を見上げながら
    「これ ぶたの木かなぁ」とか言ったりします

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めないおおかみくん

    「ぶたのたねだ〜♪」という娘(2歳4ヶ月)のチョイスで図書館から借りてきました。娘の話によれば保育所で先生がご自分の本を持ってきて読み聞かせてくださったそう。

    「ぶたがたねから〜?」初めての本にゲラゲラ笑いながら読む母に、娘は「ね?おもしろいでしょ」といわんばかりにニヤニヤ。娘はぶたが木から落ちる場面が気にいってるようで「ゾウのまらそーん!」と叫びます。ぶたが木になってるというのに、わき目もふらずひた走るゾウさん。確かに可笑しいですよね。

    2歳の娘が怖いもの=「オニ」「オバケ」「オオカミ」。怖いはずなのになんだか気になっちゃう。この本のおおかみくんは憎めないおおかみくんなのです。

    掲載日:2009/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶたが木になる

    最高です!おもしろすぎる!
    ぶたがたわわに木に実っているなんて!その絵だけでも笑えます。
    佐々木マキさんの絵本は独特の世界でいいですね。
    多くの絵本では悪役のおおかみが、この絵本ではかわいらしいです。考えてみると、我が家にあるおおかみが登場する絵本は、どれもおおかみが頼りなくて、全然恐くなくて、応援したくなってしまうものばかりだ。子供はおおかみに対してとてもフレンドリーです!

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっかんべー

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    足の遅いおおかみが、ぶたを捕まえようと頑張ります。
    なかなか捕まえることのできないおおかみに、キツネがぶたの実のなる「ぶたのたね」をプレゼントするのですが・・・

    ぶたにバカにされるおおかみが、普通とは逆の設定で面白いです。
    娘も鼻に指を当ててぶたの真似をしながら、「あっかんべー」。
    おおかみがかわいそう。笑

    ことこどく運のないおおかみの「今度こそ!」と頑張る姿に、「次はぶたさん捕まえられるかな?」と娘に聞くと、「るー!(捕まえられる)」という頼もしい答えが。
    果たしてどうかな・・・
    続編の「また ぶたのたね」も読んでみたいと思いました。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぶたのたね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

14ひきのあさごはん / もりのなか / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中


人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット