たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぶたのたね」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぶたのたね 作:佐々木 マキ
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年10月
ISBN:9784871101127
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,668
みんなの声 総数 173
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 新喜劇みたい(笑)

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    感想・・・笑うポイントがいっぱい!

    なんとかブタを食べたいオオカミくん、ほんと、憎めないキャラ。

    一番笑えたのは せっかくブタの実がなったのに、ゾウのマラソン大会でブタが木から落ちちゃって、スタコラ走って逃げてしまったとこ!

    あぁ・・・かわいそうオオカミくん(笑)

    子供と笑いながら楽しめる絵本で、すごくお勧めです!

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子どもの感性って

    • そら。さん
    • 20代
    • せんせい
    • 神奈川県

    以前、テレビで特集されていた時から気になっていた絵本。
    続編が出た今、1冊目を買ってみました。
    ぶたが木になる光景!
    そこに大笑いしてしまい、旦那に母に同僚に…勧め
    みんなで笑って、いざ子どもたちへ読み聞かせ。

    幼稚園、年少のクラスです。
    ぶたが木になる光景、は「ふーん」という感じ?!
    最後のしっぽが焼けたおおかみさんに、大爆笑でした!!

    子どもたちの感性って、おもしろい!
    これだから先生はやめられなーい☆

    掲載日:2010/01/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • やっぱり おおかみくん派

     はしるのが とても おそい おおかみがいた。

     この一行目から大笑いでした。
     きつね博士に“ぶたのなる木のたね”とぶたの木を早く大きくする“薬”をもらいます。
     たわわになった、ぶたの木で、また大爆笑。
     当時息子は、こんな木があると思ってしまったらしいです。
     さて、実(ぶた)が落ちて来て…。
     最後のねぼすけ一匹が目を覚ますと、その強いこと強いこと、予想をこえる強健さに、大笑い。
     でも、ちょっとおおかみくんに同情してしまいました。
     最後のページで、「この次はどうかな〜?」と息子に問いかけると、「ぶたつよいもん。おおかみがんばらなくちゃ。」って、やっぱりおおかみくん派になっていました。
     きつね博士の研究室に貼られた設計図と機械もお気に入りでした。
     スーパーで、豚肉を選んでいたら、「ぶたのたね、ぶたのたね。」と指さしていました。懐かしい4歳の頃の思い出です。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • さすが佐々木マキさん

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ずーっと気になっていた本。とうとう読みましたが、噂通りおもしろかったです。娘も何回も読んでました。佐々木マキさんらしい(?)絵本です。
    ブタより足が遅くて、ブタを食べたことがないオオカミ。博士に相談すると、ブタのなる木の種をくれたのですが・・・。
    ブタが木にいっぱいなっているシーンは圧巻です。何回見ても笑ってしまいます。そして、結局ブタを食べられなかったオオカミもおもしろい。ナンセンス絵本が好きでないという方も、だまされたと思って一度読んでみてください。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いました

    足が遅くてぶたを一度も捕まえたことのないオオカミ。おなかいっぱいぶたが食べたくて、ぶたの種を大事に大事に育てました。それはみごとなぶたの木が育ち、こちらもつい、ぶたを採ってみたくなりました。最後は残念な結果になりましたが、悪戦苦闘するオオカミのユニークさに大笑いしました。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモア

    この方の絵本は面白いものが多くて、勿論ぶたのたねもユーモアたっぷりで面白いです。
    ぶたのたね、なんてものが出てくる時点で、普通のファンタジーではないな、と思います。
    子供には大ウケで、
    今度こそ
    と、また種を蒔く狼のラストシーンを見た後
    「次はキリンとサイのマラソンが始まって、絶対次も食べれんと思うー」
    と楽しげに予想していました。

    でも、母は一度くらい狼に肉を食べてもらいたいなと思ってますよー。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんどこそ!

    私のお気に入りの絵本には
    オオカミが出てくることが多いのですが、
    この本のおおかみはこれまでと全然違います。

    はしるのがとても遅くて
    遊んでいるぶたにも逃げられ、追いつけません。
    一度もぶたを食べたことがないおおかみは
    きつねはかせにもらった「ぶたのたね」をまきます。

    ぶたの木にまるまる太ったぶたさんが
    鈴なりになっているのを見てわくわく。
    事件がおきてしまって・・・またもや逃げられ・・・。

    「こんどこそ!」とたねに薬をかけるおおかみを
    なんだか応援したくなっちゃいます!

    掲載日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみくんがんばれ!

    • だいちまるさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    おおかみくん、きつねはかせに出会って
    ぶたのたねをもらって育てて
    ぶたが実り、運良くぶた一匹が
    気絶してたまでは順調だったのにねぇ〜。

    せめてぶたを縛るとき、すでにぶたの丸焼きが
    すぐにできるように長い木の枝にくくりつけていれば・・・
    なんて、思っちゃったりしましたが、
    おおかみくんのことだから、
    それでもぶたに逃げられちゃいそうな気がします。

    おおかみくん、ぶたさんが食べられる日がくるといいね。

    掲載日:2014/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖くて嫌いなオオカミも、この本を読めば違う印象になりますよ。

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    ササキマキさんは親子で大好きな作家さんです。
    前々から気になっていた「ぶたのたね」。図書館で見つけてシリーズ3冊一気に借りてみました。
    一般的に怖くて嫌われ者なオオカミ。でもこの絵本では、ブタにも負けるトロさで見ているととってもかわいそうになります。
    読み終えた後、4歳の長男は「ぶたさんイジワルだね」と言いました。子供には、「かわいそうなおおかみ」より「イジワルなぶた」の印象になったようです。
    他では見ないおドジなオオカミ。怖くて嫌いなオオカミも、この本を読めば違う印象になりますよ。

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミに同情・・・

    4歳の娘と読みました。

    ブタより足の遅いオオカミが、
    ブタの丸焼きを一度でも食べてみたいと奮闘するお話です。

    オオカミが間抜けというか、運が悪いというか、
    与えられたチャンスを事ごとく逃してしまい同情しました。

    笑えるストーリーですが、まだ純粋な4歳児にとっては
    ブタを丸焼きにしようというストーリーが受け入れられず
    オオカミが悪者みたいな扱いになっていました。

    小学生ぐらいからの方が楽しめるような気がします。

    私は、続刊を読むのが楽しみです!

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぶたのたね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット