貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねえ、おきて!」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねえ、おきて! 作・絵:さとう わきこ
出版社:架空社
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784906268832
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,277
みんなの声 総数 20
「ねえ、おきて!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アニメのよう

    こちら、さとうわきこさんの絵本なんですね。絵を見てなんだかとても懐かしい感じがしました。
    わんちゃんがねこちゃんを起こすというお話。なかなか起きないねこちゃんを、わんちゃんがあの手この手で起こそうとするのがおもしろいです。
    何をやっても起きなかったねこちゃんがようやく起きた方法がおもしろくて!!!
    昔のアニメを見ているような面白さがありました。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだそりゃ

    いぬがねこを一生懸命起こします。
    なんでかは、読んでいかないと分かりません。
    あの手この手を使って、なんとか起きてくれます。
    そのあとオチがあります、が・・・。
    なんだそれは!と思わずふき出してしまいました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 起きないね〜!

    ぐっすり寝ているねこさんにいね君がどうしても伝えたい事があるようで、あの手この手で起こそうとします。
    何をしても起きないねこさんに次はどんな手を使おう☆
    いろいろ挑戦しているいぬ君の様子とびくともしないねこさんの様子が笑いを誘います。
    そして、いぬ君が伝えたかった事とは・・・・とっても可愛い内容でした。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちもどっち

    先に眠っちゃったネコを必死で起こそうとするけど、
    声をかけても、転がしても、大きい音を出しても全然起きない。

    相当です☆
    たまに人間でもいますよね〜。起こしても起きない人。

    でも、一発で起きる方法がみつかった!
    ナルホド〜☆

    そして、ネコを必死で起こしてた「訳」がまた相当☆(マジで?)
    人間でもたまに居る居る。こんな感じの人。(笑)
    マイペースさん☆

    どっちもどっちのほんわかストーリー。

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしても伝えたくて

    いぬくんはねこくんにどうしても伝えたいことがあります。
    だから「ねえ、おきて。」
    でもねこくんはどうしても起きない。
    いぬくんはあの手この手でねこくんを起こそうとします。
    さていぬくんが最後に使った手は…。


    いぬくんの奮闘ぶりが面白い。
    子どもは大喜びで見ていました。
    次はどうするのかなあ?って期待して。
    最後に使った手は「なるほどね〜」と納得です。
    がんばってがんばって起こしたあとにいぬくんが伝えた言葉も
    なんともかわいらしい。
    でもねこくんにはちょっと気の毒かなあ。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねえ、おきて!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ちょっとだけ / よるくま / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おこだでませんように / ぼくんちカレーライス / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット