しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

わんぱくだんのはらっぱジャングル」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

わんぱくだんのはらっぱジャングル 作:上野 与志
絵:末崎 茂樹
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年3月
ISBN:9784893256096
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,862
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わたしと娘は無理かもしれない

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    わんぱくだんが小さくなって、
    はらっぱを冒険!    

    葉っぱをお船にして小川を下ったり、
    滝だ〜!と思っていたのが実は単なる流れの段差だったり、
    外野の世界から見る分にはとても面白いのですが、
    ダンゴムシと同等の大きさだったり、
    ちょうちょの粉がハラハラと頭上に落ちてきたりもするので、
    虫とか昆虫の嫌いな私と娘は、
    「うげぇ〜!」と呻きながら読みました、
    作者さんゴメンナサイ。

    虫たちと同じ大きさでなくてよかったと、
    改めて感じた一冊でした。

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり出てきました!!

    わんぱくだんの三人組が小さくなっていました。

    いつも小さかった生き物がとーっても大きくなっている

    ことがとても楽しかったようです。

    蝶々はあざやかでキレイでしたが、かまきりは

    ゾッとするくらい怖かったです。

    小川は大きな滝に変身!

    体がちいさくなると、はらっぱもジャングルになる。

    探検するには、十分の場所だなと思いました。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワク、ドキドキ

    4〜5歳児に読みました
    表紙のあげはちょうが大きく描かれているので、それだけで子どもの心はわしづかみにされたように絵本に集中していきます
    もうわんぱくだんシリーズに親しんできた子どもたちは「どこで、違う世界にいっちゃうのかな〜?」とわくわく・・・
    期待を裏切ることなく到着したのは「はらっぱジャングル」
    おおきなだんごむしには「わ〜!」と歓声を上げて喜んでます
    それにしてもカマキリににらまれるとこわいですね〜
    子どもたちも、ドキドキしながらわんぱくだんを見守ってました
    ラストはカマキリを確認したくて子どもたちは次々と前に出てきてましたよ

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きさがかわったのがわかってない??

    わんぱくだんをすでに知っていた娘のために、そうして知らなかった
    私のために(笑)読みました。
    わんぱくだんは小学生くらいかしら?自分が小さかった頃、危ない
    場所にクラスメート達と遊びに行ったりしたことを思い出しました。
    「だれもしらないばしょ」に行くわんぱくだん。自分だったら、おもし
    ろそう!行ってみたい!と思うのですが、娘がそんな場所に行くのは
    ちょっと困るなあと思ってしまいます(神経質過ぎるかな?それとも
    親になるとみんなこんな風に思うのかな?)。

    ちいさなかわをとびこえたとたん、わんぱくだんは体が小さくなって
    しまうのですが、娘の様子を見ていると「あれ?体が小さくなって
    いるのをわかってないかな?」と思ってしまいました。
    たんぽぽやおおいぬのふぐりの絵を見ても(娘はもちろんこのお花を
    知っています)、「わんぱくだんが小さくなった」というより
    「お花が大きい」と思い込んでいるふしが(笑)。
    大きなあげはちょうが登場し、ひろしが「ぼくたちがちいさいんだ」
    と言った時点で「ちいさくなったんだ」と、わかったようでは
    ありますが、驚きがない(笑)。

    ああ、だとしたら。
    娘くらいの年齢の子どもは、もしかして大きくなったり小さくなったり
    というのは驚きじゃないのかもしれないなあと思いました。当たり前に
    思える・・もしかしたら娘自身もいつも大きくなったり小さくなったり
    しているのかもしれません。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かまきりから逃げろ〜!!!

    息子達の大好きなわんぱくだんシリーズです。
    けんが誰も知らないはらっぱを見つけ、
    くみとひろしと一緒にはらっぱで遊んでいると・・・
    さあどうなる?

    このシリーズ本当に面白いです。
    保育園でも流行っていて先生方にも好評の絵本です。
    うちの子は毎回、けん達を羨ましがってますよ。
    楽しい夢のある絵本です。

    掲載日:2008/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初夏の草原舞台

    わんぱくだんシリーズはもう何冊も読んでいます。お話の展開はいつも同じなのですがそれがまたこの絵本の面白さで娘は楽しそうに読んでいます。
    今回は初夏の草原が舞台。
    小さくなってしまった3人がカマキリやちょうちょ、だんご虫などと遭遇して草原を探検するストーリーです。
    ただのくさっぱらなのにまるでジャングルのように見えるのが面白くカマキリもよりリアルに演出されています。
    最後に元の大きさに戻った3人が小さなカマキリがいるのを見つけて夢ではなかったと気づきます。
    その小さなかまきりがなんだか可愛らしい結末です。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わんぱくだんのはらっぱジャングル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット