ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ヒッコリーのきのみ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ヒッコリーのきのみ 作:香山 美子
絵:柿本 幸造
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1985年
ISBN:9784893255501
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,265
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 森へのお返し

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。バビーというりすのお話。越冬するために重たいくるみを食べますが、余ったものは森の土に埋めておき、時々食べにきます。でも、すべて食べられるわけではなく、食べられなかったくるみは春になると芽をだして木になる・・・というお話。りすと森の関係を綴ったというか、お互いに助け合っている様子が描かれていますね。人間のように確実にすべて掘り返すというわけではなく、忘れてしまったことが森への恩返しに間接的になっていくという自然にある森と動物の助け合い。なんだかちょっと心が温まりますね。こういう余裕というのが欲しくなるときがありますね。息子にはまだちょっと難しいみたいですが、りすが冬の間も木の実を掘り返して越冬している様子にはちょっとびっくりしたみたいです。越冬のしかたも動物によって様々なので、そういうことをしることができた絵本だったみたいです。それぞれいろいろと感じることがありました。

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お約束

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    秋から冬にかけて読みたい一冊。
    りすとヒッコリーの木の間でこんなお約束が取り交わされているのを想像すると、なんだか心がほっこりとして嬉しくなってきちゃいます。
    自然の営みが、温かい絵とかわいらしいおはなしで描かれたすてきな絵本です。
    秋になると毎年どんぐり拾いにいそしむうちの娘ですが、今度の秋には、いくつか埋めてみたいそう。
    どんぐりの木と娘とのお約束ですね。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの庭のりすさんも・・・

    大好きな香山さんと柿本さんのコンビによる作品。「もりのおくのちいさなひ」に続いて読みましたが、このお話は、実生活と結びつけながら、物語の世界に浸ることができ、より親しみがわいたようでした。家の前庭にも、大きなどんぐりの木があり、りすがいつも忙しそうに上ったり下りたりしています。そして、根元近くにある花壇に穴を掘っては、どんぐりの実を隠しています。春になって、そこから小さなギザギザの葉っぱが顔を出すと、「あっ、りすさんが埋めたどんぐりから芽が出たんだね。」と、娘と話しています。この絵本を読んで、うちの庭に来るりすたちも、「ヒッコリーの木との約束」を守っているのかな?と思うと、なんだかわくわくしてきます。娘は、ヒッコリーの芽の絵を見ながら、緑色の地面を指差し、「ここを掘ると、この下からヒッコリーの実が出てくるの?」と、うれしそうに聞いていました。小動物たちのちいさな世界。でも、そこには、大きな自然の営みがあるんですね。それを大事にできる人間でありたいな、と思いました。

    掲載日:2008/08/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ヒッコリーのきのみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット