だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ベンジャミンバニーのおはなし 新装版」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ベンジャミンバニーのおはなし 新装版 作・絵:ビアトリクス・ポター
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2002年10月
ISBN:9784834018561
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,772
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 貴婦人じゃなかったんだぁ!!

    ピータラビットの絵本第1集の2番目のお話。「ピーターラビットのおはなし」の続きが書かれています。
    赤いハンカチにくるまって、しょんぼり座っているピーター。そこへ、いとこのベンジャミンがやってきて、マグレガーさんの畑のかかしから、ピーターのジャケットと靴を2人で取り返しに行くことになりましたが・・・。帰り道に突然現われた強敵! そして、最大のピンチから救ってくれたのは、ベンジャミンのお父さんでした。しかし、このお父さんが只者ではありません!!次から次への予期せぬ展開に、ハラハラドキドキの連続です。同時に、どのページでも、くすっと笑ってしまう・・・そんなかわいらしさとユーモアがあり、読んでいて本当に楽しくなります。
    娘も、ベンジャミンのお父さんの勇ましい活躍ぶりに、びっくり仰天でしたが、その後、お仕置きをされた2人が、泣き泣き帰っていく後姿と、温室の窓から爪を立ててのぞいている猫の様子には、思わず大笑い。本当にそれぞれがこっけいに描かれていますね。次のページの、困惑しきったマグレガーさんの横顔も可笑しいですが、このかかしの帽子(表紙の絵で、ベンジャミンが被っている帽子)は、マグレガーさんの毛糸のベレー帽だったんですね。娘も、「えっ、Mrs.McGregorのじゃないの?」と耳を疑うような感じで聞き返し、再び表紙の絵に戻って、「だってお花がついてるのに・・・」と、(赤い毛糸の部分が、花飾りのように見えるのですね。)
    まだ納得のいかない顔をしていましたが、私もなぜか長い間、この表紙の絵は、「貴婦人のうさぎ」かと思っていました! こんないたずらっこのうさぎ(しかも男の子)だったと知って、驚きました。

    (編集部注:洋書版「The Tale of Benjamin Bunny」に寄せられたレビューです。)

    掲載日:2009/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ベンジャミンバニーのおはなし 新装版」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / かいじゅうたちのいるところ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット