庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

てぶくろをかいに」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

てぶくろをかいに 作:新美 南吉
絵:若山 憲
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1970年10月
ISBN:9784591005316
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,019
みんなの声 総数 27
「てぶくろをかいに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かあさんぎつねの気持ち

     言わずと知れた名作ですが、わかやまけんさんの絵で読んだのは初めてでした。あの「しろくまちゃん」や「こぐまちゃん」シリーズのわかやまけんさんとはなかなか結びつきませんが、本当に温かい絵で、お母さんのやさしさやこぎつねの純粋さがひしひしと伝わってきます。
     特に、かあさんぎつねが、こぎつねの手に、はあっと息をふきかけながら、「ぬくとい かあさんの手で、やんわりつつんで」あげている絵が、母親の愛情にあふれていて大好きです。文章も、美しい日本語でつづられていて、心にすっとしみこんでくるようです。
     
     娘は、こぎつねが、かあさんぎつねに教えられたのとは反対の手を差し出してしまった場面で、「違うよ!そっちの手じゃないよ!」と、一生懸命こぎつねに向かって声をかけていました。そして、帽子屋さんから手袋をもらい、「にんげんは、ちっともおそろしくないや」と思ったこぎつねが、人間がどんなものなのか見てみたいと、町を歩き始めてからもずっと、「あっ!」と声を上げたり、両手で顔を覆ったり、立ち上がったり、私の後ろに隠れたり・・・と、どきどき、びくびくしながら、こぎつねの言動を見守っていました。

    「もしJが帽子屋さんだったらどうする?」と聞いてみると、「こぎつねをだっこしてあげる」と娘。
    「それならきっとこぎつねも、とっても優しい人間の女の子だったよ、ってお母さんに教えてあげるだろうね。」と言うと、「うん、それで、今度は、お母さんも、こぎつねのパパも、弟も、いっしょに連れて来ると思う!」と、かわいらしい答えが返ってきました。

     かあさんぎつねが最後に「ほんとうに にんげんは、いいものかしら。ほんとうに にんげんは、いいものかしら」とつぶやく言葉には、本当に考えさせられますね。
     娘は、「こぎつねは、まだちっちゃいから、わからないんだよ。」と言い、お母さんの心配も理解できるようになったのと同時に、人間の悪の部分もわかりかけてきたんだなと、複雑な気持ちがしました。
     特に、現代社会では、子どもが犠牲になる事件も多発していて、動物のお母さんでなくても、「人間はこわい」と教えなければならないことがたくさんありますものね。「みんないい人ばかりだから、安心していていいよ」と、子どもに自信をもって言えたらどんなにいいでしょう。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

    • 赤きゃみさん
    • 40代
    • その他の方
    • 山口県
    • 女の子5歳

    絵も内容もなつかしいので、
    子より自分が楽しむ感じでした。

    とにかくお金さえ貰えれば品を渡す…と読み取ると
    なんだかイヤラシイですが、
    いまや、お金だけ貰いキツネの子はひどい目にあわせる、
    そういう御時世ですので、
    こういうお話の大切さは一層増している気がします。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てぶくろをかいに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット