しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おばあさんのねこになったねこ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばあさんのねこになったねこ 作:岡本一郎
絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年
ISBN:9784323024134
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,400
みんなの声 総数 13
「おばあさんのねこになったねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 野良猫もおばあちゃんも幸せになれます

    のらネコが1匹、おばあさんのネコになります。おばあさんの要望に答え、たくさんののらネコ友だちを連れてきます。みんなが幸せになれる、癒し系の絵本でした。

    個人的には白ネコと黒ネコを一人二役するのが受けました。娘も楽しんでいました。

    掲載日:2011/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • わるねこなんかじゃない

    「わるねこだん」のおやぶんのブン。あたたかさに触れ合うことなく大きくなったブンは、稼ぎに入ったおばあさんの家で、思いもかけずたっぷりの愛情に包まれます。こんなあたたかい想いをした事がなかったブンは戸惑いながらも、一生懸命それに応えようとします。おばあさんを喜ばせようと、ブンは華麗な変身を繰り返し・・・。でもそのせいで大忙し。愛情を与えるから、受ける側もたくさんの愛情を返し、それがまたたくさんの愛情をうむ、そんなたくさんの愛情にあえる絵本です。いもとようこさんのちょっと悪そうな猫の絵も、かわいらしかったです。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せになって良かったね。

    いもとようこさんの絵が可愛くて借りて読みました。
    捨てられたこねこが泣いている場面から始まり
    「こねこちゃん、可哀想だね」と下の子。
    表紙はにこにこ顔のおばあさんとねこだったので
    あれ?なんでないてるの?と思い
    子供たちと読みました。
    人間のせいで捨てられた捨て猫達がたくましく
    自分たちの力で協力して生きてきた感じが
    表情で表されています。
    こんな風に優しいおばあさんに飼われたらいいけど
    捨てられた猫の事も考えてしまいました。
    そんな事は描かれていないのだけどそういう気持ちも含めて
    子供たちにも色々感じで欲しい絵本です。

    掲載日:2008/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばあさんのねこになったねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット