大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

コロちゃんのクリスマス」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

コロちゃんのクリスマス 作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年
ISBN:9784566002104
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,315
みんなの声 総数 56
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 娘の成長を感じました。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    4歳になったばかりの娘と読みました。

    コロちゃんの絵本は、1歳から楽しんできましたが、
    4歳は4歳になりに楽しめるもの。

    1〜2歳のころはしかけをめくってあげて楽しんでいたものが、
    さすが4歳さんは、
    どこにしかけがあるか分かって、自分で先回り。
    昔読んだ絵本を一緒に読むと、
    子供の成長を感じるなぁ〜。

    今回のコロちゃんは「寝なさい!」と言われても
    お母さんのお小言そっちのけで、
    プレゼントをあら捜し。
    「言う事きかない」も成長の一貫ではあるけれど、
    つ、疲れる・・・。

    絵本には描かれていないけれど、
    やっと寝たコロちゃんを見て「はぁー」とため息をつくお母さんの様子が
    目に浮かびます。
    コロちゃんの絵本では、私はお母さん側に非常に共感。

    でも、興奮して眠れないのもまたクリスマスの醍醐味。
    コロちゃん、素敵なプレゼントもらえて、よかったね☆

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • コロちゃんって、子どもたちの代表ですよね。
    どのページも「うちの子にそっくり♪」と、クスッとします。

    お手伝いしていると思いきや、他のことに興味がうつって
    違うことをしていたり、「早く寝なさい」と言っても、
    全然、寝ようとしなかったり。

    なのに、娘は「コロちゃんったら、ママの言うこときかなきゃね〜。
    早く寝ないとサンタさん来てくれなくなっちゃうよ」とお姉ちゃん
    発言です。笑


    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    コロちゃんのしかけ絵本の素敵なところは、なんといっても
    文字とイラストの大きさにあります!

    しかけの部分も大きいものもあり、大人の私でも
    「すごいインパクトだな!」と思うので、
    きっと子どもたちはもっと強く感じていて、
    コロちゃんがまさにその場にいるような気分でしょうね。

    娘は特にドアを開くページがお気に入りのようで
    「ピンポーン、は〜い!」と自分でアレンジして楽しんでいます♪

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいクリスマス!!

    4歳の息子と読みました。

    これはクリスマスの楽しみがギュっとつまった1冊。
    加えて、子どもの興味を絶対にひき、やらずにはいられないイタズラなんかが
    仕掛けになっています。
    クスっと笑えて、とても楽しい。
    相変わらず、コロちゃん、イタズラ好きで困ったもんですな。。
    しかし、やんちゃでかわいくて、とっても魅力的。
    おんなじようにイタズラでやんちゃんな息子も、コロちゃんにいつも共感しています。

    コロちゃん、本当にクリスマスを心待ちにしていたのですね。
    イブにはなかなか寝ないで、当日は6時前に起きてしまうなんて、
    …自分の子ども時代を思い出しました。
    ワクワク興奮して眠れないのですよね。

    しかし、サンタさんからのプレゼントが首輪って、どうなんだろう??

    掲載日:2015/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらっ子

    本当にコロちゃんはかわいいな〜と思います。
    このシリーズ大好きです。
    子供らしくいたずらっ子のコロちゃん。
    憎めない存在ですよね。自分の子どもたちと重なるところも多く、いつも微笑ましい気持ちで読んでいます。
    この本はクリスマスの時期にまた読んでみたいなと思います。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても可愛い絵本です

    子供が小さい時からとても楽しめる絵本で気に入っています。クリスマスの頃になるとこの絵本を本棚から持って来てはめくって喜んでいます。まだ文字が読めないのですが、それでも仕掛けは何年経っても楽しくめくってくれていて、見ていると嬉しくなります。これからもまだまだ大切にしてくれそうな、そんな絵本です。

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスが楽しみで、うれしくてたまらないっていう
    子どもたちの気持ちをそのまま行動にうつしている
    コロちゃんの様子。娘たちは、
    クリスマスだから仕方ないよねって感じで
    共感できたようです。
    めくったらころちゃんがどんないたずらをしてるのかが
    楽しみで、姉妹で交代でめくっていました。
    しかけをめくる楽しさって、
    小学生になっても味わいたいんだなあって感心しました。
    私はというと、こういう仕掛けって、人が手ではっていると
    聞いたことがあるのを思い出して、
    大変だなあとしみじみ見入ったことでした。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのしかけ絵本に最適

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    コロちゃんのシリーズのしかけ絵本です。はっきりとした絵、色合い、大きな活字、厚手の紙で、1〜2歳くらいの子から読み聞かせができると思います。
    うちの息子は、2歳半くらいまで、本は、読みものではなく、かんだり、破ったり、投げたりするおもちゃでした。絵本を読ませられる状態ではなかったのですが、この絵本なら、厚手なので、多少乱暴されても、しかけの部分も大丈夫だと思います。

    クリスマスにコロちゃんとコロちゃんのお母さんが、ツリーの飾り付けをしたり、サンタさんプレゼントをもってきてくれたり、クリスマスにぴったりのお話です。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コロちゃんのクリスマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おばけのケーキ屋さん / ぼくだよ ぼくだよ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット