ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。

もしもぼくがよそのうちのいぬだったら」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

もしもぼくがよそのうちのいぬだったら 作・絵:きたやまようこ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,260+税
発行日:1993年9月1日
ISBN:9784097270843
評価スコア 4.11
評価ランキング 18,319
みんなの声 総数 8
「もしもぼくがよそのうちのいぬだったら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幼児よりも大人に(笑)

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    いぬのむさしが歩いていくと、向こうから誰か歩いてきます。
    現われたのは「くまくん」。
    クマくんは、「ぼくのうちの犬にならないかい?ぼくのうちの犬になれば、毎日ぼくと体操して健康な犬になれるよ」
    と言います。
    そしてむさしは「もしもくまくんのうちの犬になったら」を想像します。
    想像した結果は・・・?!

    きたやまさんのお話は、いつもとても面白いのですが、
    やはり今回もおもしろかったです(笑)。
    むさしの想像と、お誘いを断った時の相手の反応に対するむさしの感想に笑ってしまいました。
    4歳の次女も「おもしろい♪」と言っていましたが、
    どちらかというと9歳の長女の方がウケていました。
    もしかしたら幼児よりも、大人が読んだ方がおもしろい本かな、とも思います。

    続編も出てるようなので、読んでみたいと思いました。
    犬好きさんにオススメのくすっと笑える本ですよ(^^)♪

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もしもぼくがよそのうちのいぬだったら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット