だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

キャベツくん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

キャベツくん 作・絵:長 新太
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1980年09月
ISBN:9784580813977
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,609
みんなの声 総数 247
「キャベツくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • キャベツくんのだいへんしん

     以前,国語の教科書にも載っていましたね。まず,1回目。こどもたちに読んだら大爆笑。おなじようなフレーズの繰り返しですが,予想ができ,その通りになっても大笑い。あれっと思っても大笑い。とにかく笑える絵本です。娘が大好きな一冊です。

    掲載日:2016/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • やわらかくながれるよだれ

    • のししさん
    • 40代
    • その他の方
    • 大阪府

    「ぶきゃ!」という声とともに、予想通りだったり予想通りでないびっくりな画面が現れる、ページをめくるのが本当に楽しい絵本。
    一度読んで、わかっていてもやっぱりページをめくるのが楽しい絵本。
    ところで、ほんとにノミは描かれてるんですか?

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • まちがいない

    一応対象年齢に6歳と書いてみたが、幼児さんから小学生の読み聞かせでこの絵本をよく読んでいる。大型絵本もあるので、たくさんの人を対象に読むには大型絵本がありがたい。この絵本は皆を笑顔にしてくれる間違いない絵本、ページをめくる度いい意味で予想を裏切られて、くすっと笑う子、にやにやする子、大笑いの子と様々な笑いの波が押し寄せる。個人的にはぶたやまさんとキャベツくんの表情が面白い。何度見ても何度読んでもあきない絵本、「ぶっきゃ」がしばらく耳から離れない。

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族の大切な思い出の本です

    • なほママさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子16歳、男の子13歳、女の子10歳

    まだ息子たちが小さかった時にこの本を紹介されました。何度読んでも、お腹をねじって大笑いする子ども達!毎日毎日読んであげていたので、台詞も全て暗記してしまいました。
    「ブキャ!」と、一言つぶやくだけで、大喜び。今となっては、なつかしい思い出です。
    娘が産まれ、大きくなった息子たちがキャベツくんの本を、昔私が読み聞かせた時と同じように読んであげていました。
    その後、再び「ブキャ!」ブームとなりました。
    我が家とって(特に私にとって)この本は、大切な思い出がたくさん詰まった一冊です。

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本

    • MUMさん
    • 50代
    • せんせい
    • 茨城県
    • 女の子18歳、女の子16歳

    はじめてこの本に出会ったのは,先生に成り立ての1年目,子どもたちに紹介する面白い絵本はないかと本屋さんにさがしに行ったときです。絵本コーナーでひときわ目を引く大胆なイラスト。なにかわくわくする表紙です。読み進めていくと思わずにっこり。キャベツくんの世界はゆっくりゆっくり時間が過ぎていきます。本当にみずみずしいキャベツの青くさーいにおいが本からわき出してきて,まるでキャベツ畑にいるようです。そして最後はとても優しい気持になります。
    学校で子どもたちに読んで聞かせることにしました。読むときは「ブキャ」をとくに大きな声で読みました。子どもたちは大喜び。「もっと読んで」とせがまれて,ついついこのキャベツくんシリーズを全部揃えてしまいました。みんながにこにこしながら読める絵本です。

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑顔

    • イブライブさん
    • 30代
    • せんせい
    • 神奈川県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    「あははは〜!!」読むと必ず返ってくる反応。
    「しってる〜!!」紹介すると必ず返ってくる反応。
    なにがこんなに子どもたちを夢中にさせるのかしら。
    大きなページの中、やわらかな色彩で描かれる風景に「キャベツくん」と「ブタヤマさん」。繰り返しの二人のやりとりが、「つぎは、だれが食べるんだろう?」「どんなふうに変身するのかしら?」という想像力をはたらかせてくれます。
    「ブキャ!」というブタヤマさんの声も、子どもたちにとってはツボの一つ。濁音と拗音の組み合わせが愛らしさを出しているのかもしれません。
    また、二人の背景がやりとりとともに変化し、次のページへ道がきちんとつながっていることが、ものがたりとしての全体のつながりを表現しているように感じました。
    読んだ後、不思議と懐かしくなるような、心がほっとするそんな絵本です。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜだか爽快☆気持ちいい絵本!

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    ブタヤマさんに食べられたくないキャベツくん。
    そこでキャベツくんがとった秘策。

    「ぼくをたべると、キャベツになるよ!」「ブキャ!」

    動物たちの豪快なキャベツ化ぐあい!
    ブタヤマさんのズッコケぐあい!
    これらを楽しむという、なんというか、変な絵本です。
    空がスライドショーの大きなスクリーンみたい。
    「こうなる!」
    キャベツ化した動物を浮かせます。
    キャベツくんによる、
    君には食べられたくないという変なプレゼンテーションです。
    ええ、ブタヤマさん、しっかり説得されてます。

    空がメインのような構図です、
    下の地面に主人公二人が小さく描かれているので
    空はどこまでも広がっているように感じます。
    黄色い空にドーンと緑のキャベツ。
    内容と同じく、
    絵的にも、なぜだか爽快なのです。
    むせるようなキャベツの香りまで言及されていて、
    大きなキャベツを見ながら息をすうと、
    空気まで新鮮に感じるから不思議。

    なんでキャベツなのに食べられたくないの?
    このキャベツ化、どうやってんの?
    ・・・なーんて細かいこと考えてはいけませんよ!
    ブタヤマさんみたいにビックリしたり、ひっくり返って、
    まぁ笑っておきましょう。
    二人が意外なことに仲のいい様子で終わるのも
    気持ちがいいですね。

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちかな〜?

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    市内の小学校での、読み聞かせ隊に参加しています。
    普段は月に一度、朝の読書タイムに読み聞かせに行くのですが、
    年に1,2回、低学年へ学年ごとに一時間のお話会をします。
    お楽しみ会のようなものなので、楽しい本を選ぼうと、ネットで「ウケル」「楽しい」などをキーワードに検索した中から、選んだのがこの本でした。

    わたしはナンセンスが苦手で、何冊か借りた長新太さんの絵本も、正直、苦手だなぁ…どこが面白いのか、何が言いたいのかわかんないなぁ…って思っていました。
    ところが、この本は、声に出して読み聞かせの練習をしてみたら、「ぷっ」「わはは!」と笑い出してしまい、はまってしまいました。
    それを聞いていた6年生の息子も、主人も面白がって、何冊もあった候補の中から、この本を選びました。

    でも、読み聞かせ隊でのプログラムが決まり、1年生に読むことになって、何度も練習しているうちに、む…むずかしい…。
    「ぶきゃ」の読み方、「こうなる!」の言い方、どうしよう?
    「かぜもふーとふいています」とか「よだれがかぜにのってやわらかくながれていきました」なんて、一年生にわかるのかしら?と悩みだしちゃいました。

    なので、当日ちょこっと不安だったんですけど、本を出した途端、「知ってる!!」と子ども達が大騒ぎ!
    知っていて、この本を大好きな子達は、答えをいいたくてたまらない!
    知らない子達は、どんな風になるのか自分で考えたいから言わないで〜!と(笑)。
    ここまで大賑わいでいいのか?って思うほどでしたが、子ども達が本気で喜んでくれているのがダイレクトに伝わってきて、読んでいてすんごく楽しい一冊でした。

    結局、ナンセンス本は、どうして?とかどんな気持ち?とか考えずに、楽しんだ勝ちだなぁ〜と思いました。
    この雰囲気だと、もしかすると朝の読書タイムには不向きかもしれません(はまりすぎたら一時間目が大変そうだし、反対に盛り上がらないとつまらないかもしれないし…)。
    大人数での、お楽しみ会的なお話会にはぴったりだと思います。

    また、お母さんが気に入って購入しても、お子さんはわからないかもしれません。
    お子さんへプレゼントするときには、図書館などでためし読みしてからがいいかと思います。
    ご家庭で読むときでも、目で追って読むのではなく、声に出して読むことが、この本を楽しむ秘訣です♪

    掲載日:2012/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもよかったです

    小学1、2年生を対象に行っている読み聞かせで読みました。
    大爆笑がおこり、ページをめくる度に大騒ぎでした。

    実のところ、子供たちにうけるのか心配でしたが、
    読み終わったあと、「もう一回読んで!」
    の声もいただき(笑)、大満足の本でした。

    さっそく、シリーズをそろえたいと思います(笑)。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大ヒット!

    子供が“おもしろい本だよ”と借りてきました。
    何回も読まされ、自分たちでも読みそのたび声を出して笑っています。
    もう少し小さい頃に借りて読んであげた時は反応が薄かったのですが...
    一年生の今がちょうどいいのかなぁウチの子たちには。
    購入しようか迷っています。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「キャベツくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット