もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おなかのすくさんぽ」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

おなかのすくさんぽ 作・絵:片山健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1992年4月10日
ISBN:9784834010749
評価スコア 3.68
評価ランキング 30,507
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • え〜、あぶないよ、どうなっちゃうの〜?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    ネットで絵本を検索していて、題名とその表紙絵に惹かれて探してきました。
    ネットで見たときは、主人公の男の子がハイハイをするような年ごろの小さい子を想像していたのですが、
    読んでみると意外や意外、幼稚園の年長さんか小学校1,2年生くらいの男の子でした。

    森の動物たちと穴を掘って、いろいろ想像しているシーンは、いとうひろしさんの「ルラルさんのほんだな」に似てるな、と思いました。
    ストーリーは全く違いますけど、その、想像の楽しみ方って、言うんですか…。

    ラストの方で、くまが男の子をなめたり噛んだりし始めたときは、
    「えっ?あぶないよ〜。どうなっちゃうの?!」
    と、心配してしまいましたが、ラストも意外にさっぱりと明けない終わり方で、でも、そこが味があってよかったです。

    読み終わってみると、なんだか「男の子の絵本」って、感じがしました。もちろん、読むのは女の子でも楽しめると思いますが、
    発想というか絵本の中の遊び方って言うんですか、
    そこが男の子っぽかったです。
    やっぱり幼稚園くらいから、小学校低学年くらいの読み語りにいい作品だと思いました。

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おなかのすくさんぽ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

全ページためしよみ
年齢別絵本セット