もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

地球というすてきな星」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

地球というすてきな星 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:長田 弘
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784593503872
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,223
みんなの声 総数 13
「地球というすてきな星」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  バーニンガムさんの作品の中ではメッセージが前面に強く押し出されている作品だと思います。
     1999年の「南紀熊野体験博」を記念して出版されたものだそうです。
     
     地球という星を何千年もかけて思いを込め作り上げた神は、本当にとことんくたびれきって眠ってしまい、そのまま何万年も眠ったきりでした。
     満足のいく出来映えに、きっと眠りも深くなったことなのでしょう。

     そして、ある日目を覚まし、地球という星が今はどんな星か二人の人間の子どもと共に見に行くことにしました。
     「なんてことだ」という神の驚愕と落胆の叫び。
     この世界を大事にするようにと人間をもっとも賢い生き物に造ったのに、ことごとく汚され壊されている世界。
     「・・・、何を、ぼくたちこどもはしなければならないでしょうか?」と神に問う子どもたち。
     神は数々のメッセージを残し、再び深い眠りに入ります。
     
     子どもたちは、でかけました。
     環境破壊の源へ、宗教間のもめ事の場へ、戦争の先頭に立っている人々のもとへ。
     そして、世界で何が起きているかちっとも気にしない人たちや、自分は何もしない人たちのもとへ。
     
     ここへきてドキリとさせられます。
     対岸の火事のような、今・今の事ではないというような、そのうちに賢人たちの知恵が寄せ集められきっと良い方向へ変わって行くんじゃなかろうか、人間はそんなに愚かじゃないという慢心や根拠の無い希望的予測を抱き私はこの年齢になってしまいました。
     確かに私も何もしない人なのかもしれない。

     この二人の子どもは、精力的に神のメッセージを伝え歩き、再び神が目覚め、地球を見にやって来て、・・・。
     
     痛いところをつかれる作品でした。
     こんなエンディングが実現できるよう、まずはこの絵本を子どもたちに紹介しましょう。

     高学年から作品の趣旨を読み取れるのではないでしょうか。

    掲載日:2010/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「地球というすてきな星」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / うずらちゃんのかくれんぼ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『にじいろのネジ』安田真奈さん、はりたつおさん、河野裕さん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット