バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

チムとルーシーとかいぞく チムシリーズ2」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

チムとルーシーとかいぞく チムシリーズ2 作・絵:エドワード・アーディゾーニ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784834017120
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,701
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 船で冒険

    シリーズ前作を読んでみたら、私の予想以上に「面白かった」と言ってくれたので、続きを借りてきました。
    今回は、さらに楽しんでいた様子です。
    小さな女の子、ルーシーの登場が大きいのでしょう。
    自分に重ね合わせていたのかなと思います。
    男の子向けの本だとは思いますが、ルーシーの存在で女の子も楽しめる作品になっているのだと思いました。

    掲載日:2012/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • またまたチムは大活躍!

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    この絵本は、正直なところ、ちょっと絵や雰囲気が古いような感じで、あまり目をひくものではないのですが、読んでみると展開が早くてあっという間に最後まで読んでしまいます。
    それに、船乗りなんて縁があるものではないので、海で起こる出来事はとてもドラマチックかつ大胆で、大変なことも起こるのですが、ハラハラドキドキして、とても楽しめます。
    チムは子供ですが、とても勇敢で、機転がきく賢い男の子です。
    これも、色々な経験がチムをたくましくさせたのかもしれません。
    ぜひ、うちの子供たちもチムのように、困難に立ち向かって、様々な経験をして、強くたくましくなって欲しいものです。
    子供たちもチムのことが大好きで、このシリーズを読むのを楽しみにしています。

    掲載日:2009/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「チムとルーシーとかいぞく チムシリーズ2」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / こんとあき / はらぺこあおむし / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット