すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ピンクとスノーじいさん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ピンクとスノーじいさん 作:村上 康成
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年09月
ISBN:9784198612450
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,150
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冬の川もまた美しい

    前作『ピンク、ぺっこん』を読んで、すっかりヤマメの子ピンクとその周りの美しい世界に魅了され、シリーズの他の絵本も続けて読みました。
    季節は巡って冬が来て、ますます厳しくなる自然の世界。冬の川もまた美しかったです。迫力のシーンもあって、ドキドキしながら読み進めました。
    「つらいぞピンク、まつしかないんじゃ、はるまでな」というセリフを聞いて、春のありがたみを改めて感じました。

    掲載日:2014/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魚にとっての冬

    魚にとって冬を越すことは、本当に大変なことだと伝わってきました。
    とにかく、冬の冷たさが痛いくらいでした。
    自然は、こんなにも厳しいものですね。
    春の場面は、ほんの少しなのですが、ほっとできるぬくもりを感じました。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春がきます。

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    2月も ちょっぴり小春日和な今日この絵本を読みました。

    ヤマメのピンクが経験する初めての冬。
    魚たちも、動物たちも食べる物がなく、じ〜っと待つだけのつらいつらい冬。
    ふと油断した瞬間、イタチに食べられそうになったピンク。
    そこを、スノーじいさんに助けられ(といっても、それをしっかり解っていないのですが) 春を迎えました。

    静寂の冬から、躍動の春へ。
    絵本で季節がパッと変化して、読んでいた私の気持ちもちょっぴり春が待ち遠しくなりました。

    もうじき息子の入学の春。
    こんな素敵な絵本を選んできた息子に 感謝です。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピンクとスノーじいさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ドームがたり』読み聞かせレポート

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット