雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

キツネとのやくそく」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

キツネとのやくそく 作:立松 和平
絵:黒井 健
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,450+税
発行日:1998年3月5日
ISBN:9784309730646
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,183
みんなの声 総数 9
「キツネとのやくそく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しあわせって何?

    吹雪の中で金色のキツネに命を助けてもらった父親は、三人娘の誰かがキツネのお嫁さんになることを約束してしまいます。
    そして、末娘がキツネに嫁入りするように…。
    最近私が読み漁っているグリム童話と似通った始まりですが、キツネの魔法が解けて若者になるという展開では、もちろんありません。
    キツネに娘を渡したものの、娘の生活が気になるのは父親だからでしょう。
    父ひとり娘三人の暮らしの中で、いかにも父親らしい思いやりに満ち溢れていて、お話はとても日本情緒に包まれていると思います。
    父親と再会した娘は、キツネととてもしあわせに暮らしている様子。
    動物と人間との組み合わせに違和感は残りますが、しあわせって何だろうかと疑問を感じてしまいました。
    妙な偏見、先入観を超えてしんみりしたお話です。
    父親としては、娘がしあわせに暮らしている様子。
    キツネとの嫁入りを拒絶した娘たち。
    誰が一番しあわせなのでしょう。
    順番は抜きにして、父親は、みんながしあわせであれば良いのです。
    黒井さんの絵が、情緒と幻覚感を高めています。

    掲載日:2012/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「キツネとのやくそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット