十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

キツネとのやくそく」 大人が読んだ みんなの声

キツネとのやくそく 作:立松 和平
絵:黒井 健
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,450+税
発行日:1998年3月5日
ISBN:9784309730646
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,184
みんなの声 総数 9
「キツネとのやくそく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 立松和平さんの静かなお話しです
    黒井健さんの絵は静かでキツネたちの姿が美しく日本の情緒をうまく引き出してくれています

    雪山で遭難してキツネに助けられ約束するのです 娘を嫁にくれと
    弥平は約束したのです「ももの花がさく 三月三日になったら むすめを おまえの よめにやろう。・・・」
    キツネとの約束を守るために苦しむ弥平  しかし、上の娘も二番目の娘も断り三番目のお光は 「およめにいきます」 こんな話の筋は昔話にはよくあるストーリーです(どうして 三人目なんでしょうね?)

    お光は「キツネが どんな くらしを しているのか しらないけれど 自分のおよめに わるいようにはしないはずです。」
    このように言い切るお光もすごいな〜
    キツネを信じているのです

    弥平も キツネとの約束を どうあっても まもらなければならない
    やくそくの まえでは 人間とか キツネとか かんけいありません。
    こう言い切るのです
    ここが すごいな〜( 約束を守ると言うことの大事さがひしひしと伝わります)

    しかし、嫁に行った お光のことが心配でならない父親の気持ち  これまた 親ならではです。 娘が幸せだから 父親も幸せになれる この論理もよく分かります(親と子の関係はどんなものでもそうなのでしょう)

    立松さんは 人間としての生き方 キツネのよめになった娘の生き方を通して幸せにいきるとはを伝えてくださったのですね
    今は亡き立松さんのメッセージです

    掲載日:2012/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せかどうか

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    身を助けてもらうのと引き換えに、娘を嫁に出す約束をした猟師のお話です。

    まずなにより、その幻想的な絵にひきこまれます。
    きつねの世界の不思議さをよてもよく表現していると思いました。

    今の時代にももちろんあると思いますが、とくに昔の人たちは自分たちと慣習の違うものを受け入れない気持ちがあったのではないでしょうか。
    慣習の違うもの。それがこのきつねの世界として表されているのかなと感じました。

    違う世界に入ることは決して不幸と繋がるわけではない。
    幸せかどうかは本人がどう思うかなのですよね。

    掲載日:2009/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間だけが特別ではありません

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    「きつねの嫁入り」というと黒澤明監督の映像を思い出します。それだけ鮮烈だったということもあるのでしょうが。

    黒井さんの絵のすばらしいことはもちろん、立松さんの「生きる」「命」ということに対する基本理念が伺えます。

    狩りをやめ、農作業をし、山に向かってひとりでに手を合わせ頭を下げる弥平の姿に、自然に対する畏敬の念と、娘に対する気持ちをしんみり感じさせます。

    すべての生き物はいっしょうけんめいに暮らしています
    人間ばかりが特別ということはありません
    自分ばかりでなく、全体が幸福にならねばなりません

    という立松さんのメッセージが絵本を読み終わった後、ジーンときました。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 黒井健さん

    黒井健さんが絵を担当していらっしゃる作品だったのでこの絵本を選びました。神秘的な物語にどんどん引き込まれていきました。黒井健さんの絵が神秘的な魅力でとても丁寧に描かれているのが良かったです。お父さんは自分の娘が幸せになってくれる事が願いなのだと思いました。お父さんの心のもひしひしと伝わってくる作品でした。お父さんはいつでも子供の事を考えていてそれは年齢は関係ないのだなと思いました。お父さんの優しさに感動しました。

    掲載日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「キツネとのやくそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット