もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

やっぱりネズミくんのチョッキ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

やっぱりネズミくんのチョッキ 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1993年5月
ISBN:9784591041789
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,369
みんなの声 総数 11
「やっぱりネズミくんのチョッキ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どういうこと??

    先日「だから ねずみくんのチョッキ」を読んだばかりなのですが、内容がほぼ同じではありませんか!!
    えっ、どういうことですか?

    お話としては、面白かったですよ。
    でも、個人的には「だから〜」のほうが好きかな。

    絵の雰囲気が、だいぶ違うので違和感が残りました。

    掲載日:2011/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ灰色でも呼び名が違う

    これは、カラー版ねずみ君のチョッキシリーズです。
    単色になれているせいか、カラーなだけで、ちょっと趣も違うような気がしますが...
    この絵本が、カラーになっているわけもわかりました。
    今回は、「色」と「柄」がポイントなのです。
    みんな、それぞれ自分のチョッキを着ているのに、一人、あらいぐまだけが、チョッキを持っていない理由もわかりました。
    ねずみにとっては、灰色は「ねずみ色」だけど、ぞうにとっては、同じ色も、「ねずみ色」ではなく「ぞう色」なんですね。
    なるほど、最後の最後まで、この展開はわかりませんでした。

    掲載日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やっぱりネズミくんのチョッキ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット