十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

Little Blue and Little Yellow(あおくんときいろちゃん)」 大人が読んだ みんなの声

Little Blue and Little Yellow(あおくんときいろちゃん) 作・絵:レオ・レオニ
出版社:Econo-Clad Books
本体価格:\2,040+税
発行日:1995年08月
ISBN:9780785757597
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,481
みんなの声 総数 8
「Little Blue and Little Yellow(あおくんときいろちゃん)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 翻訳の妙

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    レオ・レオニの代表作『あおくんときいろちゃん』は私のお気に入りの作品。
    レオ・レオニが即興で書き上げたとはいえ、
    シンプルな青丸と黄丸で、かわいい子ども像が浮かんでくるんですから。
    ということで、やはり原書で味わいたい、と購入しました。
    シンプルな絵だけに、原文で読むと、また違った印象です。
    やはり、日本語があるとどうしてもまず文章に目が行きますが、
    英語だと簡単な英文でも一旦翻訳作業をするので、
    まず絵の方が楽しめます。
    これはやはり、色の魔術師レオ・レオニの、
    色彩をダイレクトに扱った作品だけに、
    ポイントが高いです。
    もう一つ、この作品の魅力は、比較的どんな年齢層でも楽しめるということです。
    読み聞かせ会などで、時間的に余裕がある時は
    まず絵だけで想像してほしいので、原書の絵をパラパラッと見せて、
    さあ、どんなおはなしなんだろう?
    とブックトーク風に導入して、翻訳本を読みます。
    こうすると、大人も子どももより深く、作品を体感してくれているようです。
    昨年、中学校で実習させてもらった時も、同様に紹介、
    この時は、翻訳の妙の解説も少ししました。
    この作品は「あおくんときいろちゃん」と翻訳されているけど、
    「あおちゃんときいろくん」でもいいよね、
    または、女の子同士、男の子同士でも面白いよね、と。
    英語を訳す楽しみも体感できますね。

    掲載日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「Little Blue and Little Yellow(あおくんときいろちゃん)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おててがでたよ / おおきくなるっていうことは / いないいないばあ / よるくま / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット