庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ぼうし〈改訂版〉」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ぼうし〈改訂版〉 作:トミー・ウンゲラー
絵:トミー・ウンゲラー
訳:田村 隆一 麻生 九美
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784566008397
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,427
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵も凝っていて面白いし、テンポもいい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    上の子と読みました。面白かったです。
    最初の持主にとっては大したことのない帽子が、
    退役軍人のベニトの頭に乗った時から、面白いくらいに彼に幸運をよこすようになる、不思議でとっても楽しいストーリーでした。

    トミー・ウンゲラーのイラストは風刺漫画のような面白い構図で、1ページ1ページがとても凝っていました。
    テンポよく進むストーリーも魅力的でした。
    学校の読み語りで使ってみたい作品です。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の活劇

    不思議なぼうしが主人公。

    なんでもできる不思議なぼうし。
    ご主人さまの言うとおり。
    ときには、ご主人さまの心も読んでしまう。
    それにしても、退役軍人のベニト、ぼうしのおかげで貴婦人と結婚までしてしまう。
    義足、戦争…、毒気を盛り込みながら、ウンゲラーの息もつかせぬ大活劇。
    ベビーカーが、燃えながら階段を転げ落ちていくとこなどは、チャップリンもどき。
    絵を楽しめるウンゲラー世界です。

    だけど、ぼうしも風任せ。
    ご主人さまを離れ、また飛んで行くところに深みを感じます。
    ベニトさん、ぼうしに振り回されて、結局あまりしあわせじゃないよね。

    子どもウケする絵本です。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼうし〈改訂版〉」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット