だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おばけのてんぷら」 大人が読んだ みんなの声

おばけのてんぷら 作・絵:せな けいこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年11月
ISBN:9784591004890
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,213
みんなの声 総数 196
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うさこちゃんはお料理が好き

    とても人気の高い絵本なんですね。
    せなけいこさんの絵本はあまり読んだことがなく、
    子供にも買っていなかったのですが、
    うさこちゃんはお料理が好きなのですね。
    アバウトで眼鏡を揚げてもへっちゃら?
    おばけは、うまく逃げられてよかったです。
    オレンジの夕日と黒い山がきれいです。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おちゃめなうさぎさん

    とってもユニークなストーリーで面白かったです。
    自分のめがねを外して天ぷら粉に入れちゃうところで大爆笑してしまいました。ありそうでない、ユーモアたっぷりの展開に楽しませてもらいました。
    おばけも天ぷらにしようとしていたことなどつゆ知らず、美味しそうに天ぷらを食べるうさぎさんが可愛いです。
    読んだあとは天ぷらが食べたくなりました。

    掲載日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • てんぷら騒動

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    コラージュ作風のせなけいこさんの代表作ですね。
    うさこがお友だちのお弁当に入っていたてんぷらをもらって感動、
    早速自分でも作ってみるのですね。
    ところが、揚げ物のいい匂いにつられてやってきたおばけがつまみ食い、
    挙句にてんぷらにされそうに!?
    眼鏡をはずして、よく見えなかったということでしょうが、
    このゆるーい展開、ツボですね。
    せなけいこさん、てんぷらお好きなのでしょうか?
    てんぷらを見ると思いだしそうなストーリーですね。
    おばけが小さくなる時の「べろべろばー」の呪文も印象的です。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおらかなうさこちゃんが素敵!

    全頁試し読みで読みました。小学校2年生になったゆっくり、ゆっくりの孫によく読んであげた絵本だったのですが、小さい頃の反応はあまりなかったような記憶があるのですが、今読んであげたらどう反応するのか気になる絵本です。私は、うさこちゃんのおおらかな性格がいいなあって思っているので、孫がおばけの反応にどう思うか凄く知りたくなりました。
    油で滑ってしまったおばけですが、てんぷらにされる前に上手く逃げれてほっとしました。私は、さつまいものてんぷらが大好きなので、食べたくなりました。

    掲載日:2015/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • てんぷら!

    大人になって、読んでも、てんぷらが食べたくなります。
    てんぷらを作る過程が、しっかり描かれているので、できあがりを想像してしまうんです。
    なので、揚げる段階になると、もう食べたい(笑)
    せなさんの、あたたかい切り絵は、あったかいてんぷらに本当ぴったりです。
    そして、おおらかなうさこと、ふりまわされるおばけのコンビは、やっぱり最高ですね。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいうさこ

    • のえこさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子0歳

    かわいく切ったり貼ったりされた絵が
    うさこちゃんやおばけのかわいさをよく引き立たして
    読み終わったら、とてもにんまりできる絵本でした。

    うさこちゃんが本当にうれしそうに
    てんぷらの材料の買出しをして、料理をして
    (料理しながら)食べる
    その工程で、こっちまでてんぷらを作って食べたくなっちゃいました。

    おばけのドジな感じといい、
    お化けやめがねまで天ぷらにしちゃいそうな
    ユーモアもあり
    とても楽しく読める絵本でした。

    掲載日:2009/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけのてんぷら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット