なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

くまのオルソン」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

くまのオルソン 作:ラスカル
絵:マリオ・ラモ
訳:堀内 紅子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1999年6月
ISBN:9784198610326
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,566
みんなの声 総数 9
「くまのオルソン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • エンディングの余韻がたまらない作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    マリオ・ラモと言えば「ママ」「さかさま さかさま」を初めとして、一発ギャク的なオチが秀逸なフランスの人気絵本。
    この作品は、作はマリオ・ラモではありませんが、あっと驚くエンディングが用意されていました。

    主人公のくまのオルソンは、くまの中でも一番大きくて、力の強いくま。
    本当は優しい気持ちの持ち主なのですが、森の動物達を遊んでも、力加減が出来ないせいで、ひとりぼっちになってしまいます。
    そんな時に出会ったのが、くまのぬいぐるみ。
    オルソンは、一緒に楽しく暮らし、くまのぬいぐるみが生を受けるのをひたすら願います。
    オルソンの楽しそうな表情が、とても印象的。
    そして、最後のサプライズに続くのです。

    少しばかり不器用なので、仲間はずれにされてしまうシーンって、ありがちなことだと思います。
    その理由が些細なことだと、分かりやすく諭してくれます。
    きっと、周りの動物達も、オルソンの楽しそうな姿を見て、彼の本質が何となく分かったのではないでしょうか。

    余韻が残る終わり方なので、子供と一緒にそれからを語り合う楽しみもある作品です。
    年長から小学生低学年といった辺りにオススメします。

    掲載日:2011/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くまのオルソン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / めっきらもっきらどおんどん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット