なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
グッチーさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

トリゴラス」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

トリゴラス 作・絵:長谷川 集平
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年
ISBN:9784580813922
評価スコア 4.11
評価ランキング 18,660
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 破壊的衝動

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    こちらのレビューで興味がわき、読んでみました。
    なんでしょうか・・・いろんなところが気になります。
    まず表紙。写真の中に「トリゴラス」の看板。
    作者の名前の、手書きっぽいクセのあるよじれた字。
    そして最後に長髪の作者の写真の射るようなまなざし。

    男の子の性のめざめについて描かれた絵本とのこと。
    思春期が近づくとこんなふうによく分からない嵐のようなものに
    支配されるのでしょうか。
    5歳の息子は「ちょっとこわい」といいながら読んでいました。

    小学生になってから読んだらまたちょっと違うかな。

    長谷川集平さん。気になる絵本作家さんです。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくはほんまのことがききたい

    • 雪ねこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、男の子5歳

    ある風の強い夜。ぼくはとうちゃんに言う
    「ぼく ほんまのことが ききたい」

    空でびゅわんびゅわんゆう、あの音は怪獣にちがいない…
    「あの怪獣トリゴラス」は、少年の街の人々を襲い、破壊し、とうとうかおるちゃんをさらっていってしまう。

    …というのは「ぼく」が布団の中で考えてることなんだけど、「ぼく」はトリゴラスが男なのか女なのか気になる。
    布団の中で暗い顔をして「かおるちゃん…」で終わる話。

    この本は5歳の息子が図書館で、そのおどろおどろしい背景と空飛ぶ怪獣の絵で借りてきました。
    子どもは怪獣ものの本として面白そうに読んでいましたが、私は、「そうじゃないんだなあ〜。少年よ。」と思いながら横で見ていました。

    大人の私は冷静に面白いと言えるけど、ある程度年のいった少年が読むと、なんだか恥ずかしい気持ちのする本じゃないかな。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「トリゴラス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / だるまさんが / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット