だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

トリゴラス」 大人が読んだ みんなの声

トリゴラス 作・絵:長谷川 集平
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年
ISBN:9784580813922
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,677
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 男の子の世界観!?

    初版が1978年・・・

    で、図書館にリクエストしたら
    「閉架図書」表示です
    で、奥付けみたら
    これは1990年8月10日で第7刷でした
    人気がある?絵本のようですが・・・

    すみません・・・
    わかりません・・・

    カバーのところに評論家さんが
    大絶賛していますが

    そうなんだ・・・

    と、思おうとしますが

    やっぱりよく理解出来ません

    息子(23歳)に読んでもらったら
    「ふ〜ん」で、おしまい

    感想も分析もないとは
    珍しいことです

    「あほか おまえ はよねえ!」
    の、おとうさんと同じなのかも

    男の子の子の妄想の世界って
    もしかして、すごい!?のかもしれませんね
    どうも、現実的なおばさんには
    理解不能な世界で
    それはそれで、長谷川さんの世界観だと思って
    また、読み返したりしてます(笑

    評価は出来ませんので
    「ふつう」にポチしておきます

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かおるちゃんを救え! 

     JR東日本の企画「ウルトラマンスタンプラリー」(平成27年1月13日〜2月27日)が好評らしい。
     JR東日本の首都圏の主要な駅に設置された歴代ウルトラシリーズの全64種類のスタンプを集めるという企画で、スタンプ10個でウルトラめんこがもらえるという。
     スタンプを押すパンフレットには怪獣たちの特長も載っていて、これを持つだけで往年の怪獣博士の気分になれる。
     おそらく子ども向けの企画なんだろうが、大人たちが夢中になっているそうだ。
     なにしろ、「ウルトラQ」がTV放映されたのが1966年、昭和41年だから、この番組をリアルで見ていた世代ももう60歳を越えているはずだ。
     昭和30年生まれの私の、小学生の同級生で怪獣のことが滅法詳しかった男子がいたが、もしかしたらこの企画に歓喜しているのではないだろうか。

     この絵本はタイトルでわかるように、怪獣を描いた作品だ。
     作者の長谷川集平さんは昭和30年生まれだから、「ウルトラQ」世代といっていい。
     ある夜、少年は空で「びゅわん びゅわん」の音に目を覚ます。
     それはきっと怪獣にちがいない、と隣で寝ている父親に訊ねる。
     怪獣の名前は「トリゴラス」。大きな鳥の怪獣だ。
     ラドンのように大きな羽根で空を飛び、地上に降り立てばゴジラのように大暴れ。
     少年の頭の中では、街はもう「めちゃくちゃ」で「ぐちゃぐちゃ」になっている。
     しかも、こともあろうにかおるちゃん(少年は密かに彼女のことを想っているようだ)のマンションからキングコングのように彼女を連れ去ってしまう。

     父親は「あほか」と、そんな少年を一蹴する。
     「あの音は、ただの風の音じゃ」。
     少年のなんともいえない横顔が切ない。
     評論家の草森伸一は「少年の永遠の姿を捉えた絵本」と評したそうだが、怪獣に夢中になったかつての少年たちは、怪獣に連れ去られてそれぞれのかおるちゃんを助けようとしていたのだろうか。
     そして、あれから半世紀近く経って、まだかおるちゃんを救出できなくて、JRの緑色や赤い電車に乗ってスタンプを集めているとすれば、「あほか」ですまされない少年の純情である。

    掲載日:2015/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 評価が高いのですね

    シリーズ「逆襲」のほうを、先に読んでしまい、こちらも手にしました。
    「逆襲」に比べれば、まだ何となくでも解りやすかったかな?
    この絵、世界観には、好みが分かれそうと思ったのですが、こちらのサイトに来てみれば、みなさん評価が高いのですね。
    ちょっと、驚きました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶対におもしろいって!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    これは図書館で見つけて読んだら熱中してしまいました
    なんだろう、よくわかんないけど、臨場感っていうのかな・・・・
    本当にトリゴラスがやってくるんだ!
    と思わせてしまう絵の迫力ともいうのでしょうか・・・
    「はせがわくんきらいや」の長谷川さんが描いた絵本と知って
    そのギャップにもひかれるものがありました
    本当に「かおるちゃん」大丈夫なの・・・・?
    関西弁で進むお話にもなんかインパクトありますよね

    大人も面白いと思いますよ

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「トリゴラス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが / ちょっとだけ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット