だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ほろづき 月になった大きいおばあちゃん」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ほろづき 月になった大きいおばあちゃん 作・絵:沢田としき
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年8月15日
ISBN:9784265034673
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,437
みんなの声 総数 15
「ほろづき 月になった大きいおばあちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まんだ こいへ

    まるで、我が家のひいばあちゃんのことを描いているようで
    思わず買ってしまった本です。

    北国に住むひいおばあちゃんのおはなし。
    人間のの温かさ、たくましさ、命のはかなさがぎゅっとつまった絵本です。
    裏表紙に描かれている賑やかなお祭りの様子が、
    絵本の中身と対照的でなんだか余計に寂しさを感じます。

    「まんだ こいへ」
    この柔らかな響き・・・癒されます。
    「まんだ こいへ」
    は、ひいばあちゃんからおばあちゃん、おかあさん、ユキへと続く
    命のバトンのように思えてきます。

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きいばあちゃんが伝えてくれたこと

    北の小さな村に一人で住んでいる大きいばあちゃん(ひいおばあちゃん)。
    話す言葉は訛りがあってよくわからないけれど、背はまがっていて小さいけれど、ユキや他のひ孫たちにも好かれる大きな存在です。
    この絵本は、大きいばあちゃんの生活、思い出、そして葬式を淡々と描いているのですが、愛というものを月の模様に重ねて伝えてくれます。
    他のひ孫たちと一緒に大きいばあちゃんの家を訪れてジャガイモ掘りや、海水浴をした夏休み。
    これだけの親戚が集まってくるのは大きいばあちゃんの人柄であり、大きいばあちゃんから順番に受け継いでこられた家族愛だと思います。
    さりげなく語られているお話にはドラマチックな展開がないだけに、本当にじんわりとぬくもりを感じるシーンです。
    秋の夜長にじっくりと語りかけるのに良い絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ほろづき 月になった大きいおばあちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / わたしのいもうと / あのときすきになったよ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット