ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

なぞなぞな〜に ふゆのまき」 大人が読んだ みんなの声

なぞなぞな〜に ふゆのまき 作・絵:いまきみち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1995年5月
評価スコア 4
評価ランキング 18,204
みんなの声 総数 14
「なぞなぞな〜に ふゆのまき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 答えが複数ある時に困りますが…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    子どもから大人まで楽しめる『なぞなぞな〜に』シリーズです。
    はっきりと分かり易い絵で、読み聞かせにも最適です。
    なぞなぞ絵本なので、参加型で使えるのですが、1つ気になるのは、答えがいろいろありそうなお題がいくつか載っていたこと。

    なぞなぞの答えは1つではないけれど、絵本に描かれているので、言い切っちゃってる感があるなぁと、思いました。
    この作品を作る時に、もう少し選択肢のある答に幅を利かせたつくりにするとか、色々考えられる問題はやめておくかしてもらえると、更によかったです。

    個人的に一番、腑に落ちなかった問題は

    「とればとるほどふえるもの な〜に?」
    これ、答えは『かるた』で、まちがいはないのですが、
    女の子がおばあちゃんに問題を出している“問い”のシーンで、
    おばあちゃんの顔の“しわ”がすごく目立つ描き方されているので、
    この問題の答えを『しわ』!!と、言いたくなるんですよ〜。
    困っちゃいますよね。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いまきみちさん

    いまきみちさんの作品だったのでこの絵本を選びました。以前にもこのシリーズを読んだ事があり親近感が湧きました。全て冬に関連しているなぞなぞと解かっていても結構難しくて苦戦してしまいました。シンプルな答えと大胆な絵が対照的でとても魅力を感じました。お婆ちゃんの顔の表情の描き方がとても味があって気に入りました。他のシリーズも読みたくなりました。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「なぞなぞな〜に ふゆのまき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

狂言えほん(1) ぶす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(14人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット