たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ざぼんじいさんのかきのき」 大人が読んだ みんなの声

ざぼんじいさんのかきのき 作:すとう あさえ
絵:織茂 恭子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年 9月22日
ISBN:9784265034642
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,095
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ザボンくらい大きくて美味しそうな柿です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    この本を最初に知ったのは、ボランティア仲間が子どもたちに読みたいといって、勉強会に持ってきたときでした。
    それから一度ちゃんと読みたいなと思っていましたが、こんな季節はずれな時期に読んでしまいました。
    ちょっぴり偏屈なおじいさんと、子どもと遊ぶのが上手なおばあさんの柿の木を巡ったお話です。
    このお話に登場するおばあさんはさというわきこさんの「ばばばあちゃん」みたいなタイプですが、人当たりはばばばあちゃんよりはるかに穏やかでした。

    字も絵もはっきりとしていてとても見やすく、読み聞かせにも使いやすそうです。
    ただ、こういう教訓めいたお話はあまり小さなお子さんには向きませんし、
    読み手が子どもたちに諭すように読んでは面白味がかけてしまいますので、読み聞かせに使うときは十分練習をして、物語本来の面白さを生かせるように読んでほしいなと、思います。

    それにしても、この絵本に描かれている柿のサイズはまるでザボンくらいありますね〜。ものすごく大きくて美味しそうです。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 工夫次第!

    柿を独り占めするざぼんじいさんのお話です。

    まあばあさんに分けるのは、葉っぱや枝ばかりですが、まあばあさんは喜びます。
    まあばあさんの遊びのアイデアが詰まったお話だなぁと感じました。
    子ども達と一緒に楽しそうに遊ぶまあばあさんの嬉しそうな表情が印象的な絵本でした。

    柿のなる時期に是非、子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑顔

    御爺さんと御婆さんの笑顔が素敵な表紙だったのでこの絵本を選びました。人は変われるのだと再確認出来る絵本でした。どんな小さな事でも、一見マイナスに見える事でも喜んで感謝する隣の御婆さんは素晴らしいと思いました。工夫次第で楽しい時間を過ごす御婆さんは遊びの天才だと思いました。こんな素敵な御婆さんの周りに住んでいる子供達は幸せ者だと思いました。私も御婆さんの様になりたいです。

    掲載日:2009/05/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ざぼんじいさんのかきのき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / あしなが / おかしなゆきふしぎなこおり / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット