ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

わたしのおとうと、へん…かなあ」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

わたしのおとうと、へん…かなあ 作:マリ=エレーヌ・ドルバル
絵:スーザン・バーレイ
訳:おかだ よしえ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784566012936
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小学生も染色体異常について考える。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    スーザン・バーレイが絵を描いていたので、図書館で選んできたのですが、この絵本はフランスの「幼年期と染色体異常を考える21世紀の会」というところの提唱で作られたもので、子どもたちが体の障害について考えるための作品のようでした。

    私が読んでいると、うちの下の子が「これ、知ってる学校にあるんだよ」といって、私から取り上げて読み始めました。
    スーザン・バーレイの描く擬人化された可愛い動物たちが登場するので、わりと小さな子でもスーッと物語の中に入り込んでいけるようでした。

    主人公のリリは人間の年で言ったら、小学校の低学年くらいでしょうか?
    この物語ハリリの目線で描かれていますので、言葉の使い方やものの考え方はあえてリリくらいの年頃の子をイメージして書かれている気がします。
    漢字にもルビがふってあり、行と行のスペースもちょうどいい感じに開いていて、小学校の低学年くらいのお子さんにも読みやすいく作られています。
    こういう作品に触れることで、子どもたちの視野が広がってくれるといいな〜と、思います。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わたしのおとうと、へん…かなあ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ / てんてんてん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット