ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

チョコレートをたべたさかな」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

チョコレートをたべたさかな 作・絵:みやざき ひろかず
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1989年
ISBN:9784892389290
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,197
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • チョコレートの魔力

    チョコレートを食べたとたん、さかなはチョコレートのおいしさのとりこになってしまいました。
    寝ても覚めても思い出すのはチョコレートの味。
    しかし、どんなに願っても二度とチョコレートを口にできることはありませんでした…。
    やがてさかなは死んで、そして生まれ変わります。
    チョコレートが大好きな少年。
    今度は少年が落としたチョコレートをさかなが食べます。
    それが自分だったのでしょうか。
    生まれ変った先が、未来ではなくて過去。
    チョコレート色のモノトーンのほんわりした絵。
    メビウスの輪のような不思議で甘いお話。
    チョコレートが食べたくなるようなお話で、チョコレートが恋心にも通じるような切なさも感じられて、チョコレートを落としたのが誰だったのか知りたい願望もあって、たまらないお話です。
    バレンタインデーのプレゼントに最適?

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「チョコレートをたべたさかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット