しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

チョコレートをたべたさかな」 大人が読んだ みんなの声

チョコレートをたべたさかな 作・絵:みやざき ひろかず
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1989年
ISBN:9784892389290
評価スコア 4.26
評価ランキング 14,418
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • チョコレートを夢に見て

    さかながさきなのか、少年がさきなのか、それとも時の中を
    このお話はめぐっているのかも、、などと思いました。
    ちいさなさかなは、万に一つの偶然でチョコレートを食べて夢中になってしまったけれど、生きているうちにチョコレートに巡り合うことはなかった。
    切ないですね。でもその後の少年のお話で、ほっと救われました。
    バッハのコーヒーカンタータ、映画ショコラなどを、ふと思い出した絵本です。
    セピア色だけのページがシックですね。

    掲載日:2017/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • チョコレートが好きな私には、この魚の気持ちがとても分かるような気がしました。その味に出会わなかったのなら、ここまで憧れなくてもよかっただろうに、経験してみることが幸せなのか、経験しないのが幸せなのかが、よく分からなくなる永遠の課題みたいなことが描かれていました。。

    願ってやまなければ、いつかは輪廻転生するということでしょうか?
    魚が死んでしまうところは、さらっと描かれており衝撃的でしたが、チョコレートが好きな時に食べられるようになった魚には、魚としての記憶が残っているのかなぁ。

    また、繰り返されることを予感させられる終わり方がシュールです。

    掲載日:2014/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子も前世は“さかな”?

     バレンタインデーも近いしと、手にした作品でした。
     橋の上で男の子がポロリと落とした茶色のカケラを口にしたさかなくん。
     魚でいることがつらくなってしまったほど。
     甘くてほろ苦いその味に、体中の力が抜けてしまい、それからといもの茶色いカケラのことで頭はいっぱい。
     次のチャンスを待ち続けたさかなくんは、・・・。

     ん〜、チョコレートの魅力が良く伝わってきますね。
     さかなくんをチョコレートの食べられる人間に生まれ変わらせる程思いが強かったんでしょうね。
     チョコレートって、知ってしまったら忘れられない味ですものね。
     わが息子もほかのおやつに目もくれず、チョコが一欠けらでもあったならまっしぐら。
     大人になっても甘党かな?
     ていうか前世は“さかな”?(笑)

     2/14は、今年もプレゼントしてあげようかな?
     一つももらえないんじゃ将来に希望を持てないだろうから。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 輪廻転生。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    知らなければ、幸せ。
    知ってしまうと、不幸?
    ・・・いいえ、それもまた、幸せ。

    輪廻転生、という言葉が迫ってくる絵本です。

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「チョコレートをたべたさかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / よるくま / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット