もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう 作・絵:間瀬 なおかた
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年01月
ISBN:9784893254894
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,748
みんなの声 総数 256
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しく楽しい絵本

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    4歳の子供と読みました。

    トンネルを抜けるたびに変わっていく景色。
    景色にあわせて変わっていく電車の音。
    冬を通り過ぎるとラストは美しい春の景色。
    素敵な絵本〜、と思いきやラストにも大きなしかけ。
    反対から読むと先ほどとは逆方向に電車が帰っていきます。

    美しく楽しい絵本で親子で気に入りました。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きにはたまらないようです。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    表、裏、どちらからでも読むことができる面白い絵本です。トンネルのところが穴があいていて、次のページにつながっている感じが出されています。

    電車の中の様子も少しずつ、変わっていてそれも面白いです。息子は、電車が大好きなので、何度も何度もページをめくっていました。

    冬景色はなんとなく、懐かしい風景に感じて見入ってしまいました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2度楽しめる。

    「でんしゃでいこう」 「でんしゃでかえろう」
    1冊なのに、どちらから読んでもOKという、この本。

    風景の絵とトンネルが交互に。次はどんな所へ出るのか・・・
    ワクワクする、また何度読んでも飽きない本です。

    「デデ ドド」「デデン ゴゴー」「デデデン ドドドン」・・・
    微妙に変わる表現、電車に乗ってる人の表情も、また面白い。

    色々な角度から、楽しめる本です。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の楽しみ方発見!

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    本を裏表反対にしても楽しめる、一石二鳥の絵本。
    トンネル、鉄橋、海、雲、花畑、そして人。
    電車でお出かけしよう!そう言って楽しみが出来た。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびり のんびり

    間瀬さんの仕掛け絵本は、シンプルだけどいいですよね!
    ただ、小さな穴があいてるだけなのに子どもは夢中です。
    景色も、のどかでいいです♪

    この本は、1ページおきにトンネルの中に入りますが、
    ずっと追っていると乗客たちの時間も進んでることが
    わかります。
    どの家族が、どんな風に過ごしたのかな〜と、
    勝手にストーリーを想像してみました。
    何家族分もの電車の旅を満喫☆

    そして、何より「スゴイ」のは、うしろからも読めること!
    子どもって、こういうの喜びます♪
    シンプルなのにツボを得ている間瀬さん、ほんとにスゴイです☆

    掲載日:2011/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 景色と電車

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    ページごとに視点が変わります。
    壮大な景色の次は電車の中にスポットが。

    娘達は電車の中の人々に興味を示しました。
    車掌さんが切符を切っているところ。
    絵を描いているおじさん。
    お弁当を食べている家族。
    記念写真を撮る家族。
    それは暗いトンネルの中を通過するところなので
    おのずと焦点は電車の中の人々になるわけです。
    それぞれの家族にストーリーがあって楽しめます。

    またトンネルの部分は簡単な仕掛けにになっています。
    前からも後ろからも読めるところも
    この絵本の特徴です。

    掲載日:2011/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / 三びきのやぎのがらがらどん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

みんなの声(256人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット