ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」 大人が読んだ みんなの声

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう 作・絵:間瀬 なおかた
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年01月
ISBN:9784893254894
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,248
みんなの声 総数 255
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 駅弁がほしくなります

    雪で真っ白な山の駅を出発してから、ずんずん走ってゆく電車。
    雪の野原を、真っ暗なトンネルを抜けて、電車の音が微妙に変わってゆきます。普通に走る音、トンネルの中の音、鉄橋を走るときの独特の音。やがて海が見えて、花の咲く町へ、海辺の駅へ。
    なんだか旅をしたような気分になれる絵本です。
    気が向いたら、海辺の駅から、山の駅までもう一度乗っても。

    掲載日:2017/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • トンネルの魅力

    高評価なのも納得の1冊。
    トンネルに入って景色がガラっと変わるのって不思議な魅力がありますね。
    景色も細部まで楽しめて、じっくり見たくなります。
    いろんな楽しみかたができる絵本でほんとに魅力的です。
    間瀬さんの乗り物絵本シリーズはほんとにすごいなと思います。

    掲載日:2016/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 後ろからも読めるよ!

    「やまのえき」から「うみのえき」まで電車でレッツゴー!
    そして、この絵本のすごいところは、「うみのえき」から
    「やまのえき」へ帰ることも出来るんです!
    つまり、前からも読めるし、後ろから読める絵本になっていて、
    本当に電車に乗っているような気分になれます。

    そして、電車がトンネルを通過するたびに新しい景色が広がるのも魅力的。
    トンネルの中の真っ暗な様子もしっかりありますので、次がどんな
    景色なのかワクワクさせられる瞬間です。
    トンネルの出入り口が、穴あきの仕掛けになっているのも良いですね。

    間瀬なおかたさんの絵本は、いつも仕掛けがとても楽しいのでお気に入りです。
    のりものしかけ絵本シリーズは、小さい頃、息子が大好きで、
    我が家では買い揃えてあります。大きくなった今でもたまに見てるぐらいです。

    トンネルをくぐるたびにドキドキ・ワクワクする子ども心をうまく
    掴んだ、電車好きな子にはたまらない一冊だと思います。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • トンネル抜けたら、春の海

     「春の海」から「冬の山」まで、電車でおでかけです。トンネルをぬけるたびに、景色がかわってきます。

     少しだけ向こうの景色が見えるトンネルのしかけが楽しいです。
     電車の中の様子もおもしろいです。乗客の声が聞こえてきそうです。
     「春の町」でも「冬の町」でも、子どもたちが元気に遊んでいるのがいいです。

     2両編成の電車で、ちょっとのんびり旅もいいなと思いました。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車

    娘が読み聞かせ会で気に入ったのでこの絵本を購入しました。何度も繰り返し登場するトンネルが娘のお気に入りです。電車が揺れる音が微妙に変化しているのが良いと思いました。乗客が思い思いの事をして楽しみながら電車に乗っているのが良いと思いました。前からも後からも楽しめるのは素晴しいと思いました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1両目の2番目のドアにいるのは?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    いかにも田舎に連れて行ってくれそうな色の電車が、うらにも表紙にも描いてあります。
    でも、よく見ると後ろの風景が違うんですね〜。
    多くのナビの方も似たような感想を書いていますが、
    前からも後ろからも読める楽しい仕掛け絵本です。

    電車が好きなお子さんはもちろん、特別好きでなくても、この電車の旅はなかなか面白いです。
    電車の中で、海の駅に向かうとき1両目の2番目のドアの側で、ずっとスケッチしている人がいるんですが、これって、作者ですかね?
    電車の外の景色の移り変わりも楽しいですが、
    中に乗っている人たちの短いドラマも、なかなか見ごたえがあります。
    お話会などで紹介してもいいのですが、
    私は、どちらかというと、じっくりあちこち見ながら、何度も読み直してほしいなぁと思う絵本です。

    掲載日:2010/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

みんなの声(255人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット