なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…

バーバちゃんのおみまい」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

バーバちゃんのおみまい 作:神沢 利子
絵:山脇 百合子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年11月
ISBN:9784033130606
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,669
みんなの声 総数 21
「バーバちゃんのおみまい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おとぼけバーバちゃん

    うさぎさんのお見舞いに行く、バーバちゃん。
    準備の段階から、バーバちゃんカラー全開でしたね。
    ちょっとおとぼけ・マイペースで憎めないんですよねー。
    風船で飛んでハラハラする場面もありましたが、最後は一件落着。
    上手くおさまったので、ほっとしました。
    バーバちゃんの手作りパイ、食べてみたいな。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハプニングも愛きょうたっぷり

    小さな子供のように興味を持って、いろいろやらかしてしまうバーバちゃんだけど、愛きょうたっぷり。それに友達思い。バーバちゃんを見て、それまで動けなかったうさちゃんが歩けるように!幼児でも分かるように友情が描かれています。読み終わると、ふんわりとした気持ちになります。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりバーバちゃん!

    • つみつみさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    あひるのバーバちゃん(シリーズ第1作)が家にあったので、図書館で借りてみました。
    本人はたぶん自覚してないけど、はたから見ると何ともおかしみのあるバーバちゃんの魅力全開(?)です。一番すきなのはお見舞いに持っていくために焼いたパイを、自分であらかた食べちゃった後のバーバちゃんのいさぎよい態度!ナイスなあひるちゃんです。

    掲載日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バーバちゃんのおみまい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西内ミナミさん、編集者・本多慶子さんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット