モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おめん」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

おめん 作:わだ ことみ
絵:ささき ようこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\450+税
発行日:1999年01月12日
ISBN:9784591058206
評価スコア 4.79
評価ランキング 379
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本を開いて顔に当てては、大爆笑で喜んでいました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    その姿も大変可愛らしく、見ている親の方も幸せな気持ちになります。皆が楽しい気持ちになれる本。本と言うよりおもちゃかな?おめんを顔に当てている時の「可愛いでしょ」と言わんばかりの得意げな表情といったら!小さいうち限定!

    掲載日:2014/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子の時間が楽しくなる絵本

    我が家では0歳から3歳の現在に至るまで、娘のお気に入りの絵本です。
    こんなに長く楽しめる絵本はなかなかないのではないでしょうか。

    0歳の頃は、親がお面をつけて子供に見せてあげたり、動物の鳴き真似をしたりして遊べます。
    1歳に近づくと、子供自信が顔に着けて遊べるようになってきます。なりきりごっこを楽しんだり、名前宛ゲームをしたりすることができます。ただ、我が家の娘は、見せたい面を開いてそのまま顔に当てるので、相手に見せたい面がいつも娘の顔に当たっていて、こっちとしては毎回表紙しか見えませんでした(笑)そんなときは何になりきっているのか『何て鳴くのかな〜?』などと聞いてみて、いま子供が何になりきっているのか感知していました。
    3歳の今は、下の子にお面をかぶって見せたりしてくれています。なりきりごっこも健在です。

    ただ、りんごのお面などは、どうしていいか悩みます。笑

    絵本として使い、遊び道具として使い、親子遊びに使い、絵そび方は無限大だと思います。
    親子の時間にオススメの一冊です。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • たっぷり遊べます

    目の部分に穴が開いていて本をめくるとおめんとして遊ぶようになっています。豚や犬などの動物の他にリンゴやスイカにもなれます。娘が1歳になる前に本屋で明らかに楽しそうな反応をしたので即購入。親がお面をつけてみせていたのがだんだん自分からつけて楽しませてくれています。丈夫に作られているので 長持ちしています。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大ウケ!

    • 花雪☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子1歳

    絵本自体がお面になっていてページをめくると、動物や果物の目の部分がくりぬかれています。

    『いないいないばあ』遊びが大好きな赤ちゃんの頃、この本を見つけ「これだ!」と思いました。

    顔にあてて「がおー!」「ワンワン!」とやると予想通り、娘に大ウケ!

    1歳半になった今では、自分でお面を顔に当てて「ばぁ〜!」とやってくれますが、

    いつもページをめくった内側を自分に向けているので、こちらに見えているのは表紙なんですが・・・。

    私の実家に行く時には必ず持っていきます。

    いつまで経ってもおじいちゃん(私の父)に慣れず、会うと必ず泣き出すんですが、

    おじいちゃんがこのお面をつけて「ワンワン!」「ブーブー!」とやると笑いだし、仲良くなるきっかけになります。

    (次に会った時はまた泣き出すんですが・・・)

    絵本自体は厚紙ですが、すいかのページにお化けみたいに舌が付いていて、それは薄紙なので、赤ちゃんの頃、引っ張って取れちゃいました。

    何度も糊で貼ったんですが最後にはビリビリになり、今は舌なしです。

    値段も手頃なので今度子供が生まれる友人の出産祝いに、この本もプラスしようと思っています。

    掲載日:2009/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いないいないばあ

    息子が生まれた時に、この絵本でいないいないばぁ
    とやって遊びました。
    動物が理解できてくると、「いないいないウッキー」とか
    動物の鳴き声をプラスして遊びました。

    やがて、同じように妹が生まれると息子が妹に遊んで
    あげていました。
    最後のベロベロバーが特に大好きでした。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかちゃんから

    5ヶ月から息子達に読んでいます。
    ぺージを開くたびに動物のお面になります。(目の部分だけ抜かれています)
    まだまだ動物なんてわからない息子達ですがどんどん私がお面を付けているように顔が変わっていくのでいつもこの絵本を読んでいたら凝視してます。そして最後のページが一番私のお気に入りの顔です。

    厚紙で出来ているので多少、あかちゃんが食べても破れたりしませんよ。他のこのシリーズも読みたいです。値段も手ごろなのがいいですね。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり

    ストーリーはまったくありませんが、とても魅力的な絵本です。お面自体が絵本になっています。
    色んな動物のお面なんですけど、目と口の部分がくり抜かれているので、ママやパパの顔を合わせて赤ちゃんをびっくりさせる事の出来る絵本です。
    絵本自体の形も、今までにない不思議な形なので、赤ちゃんの本に対する興味もアップです!!
    本屋で娘と品定め中に発見し、娘がとても気に入ったので、即購入し、絵本とおもちゃ兼用で遊んでいます。
    厚手の紙なので、破れる心配も少ないです。

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • だ〜れだ?

    • リノコさん
    • 30代
    • ママ
    • 奈良県
    • 女の子2歳

    顔にあてて、だ〜れだ?と言うと答えてくれます。
    初めの頃は「わんわん!」「がお〜!」だったのが、気づけば「いぬ!」「らいおん!」と言えるようになってました。

    動物だけでなく、果物もあるのが新鮮です。

    娘のお気に入りは、べ〜してるスイカです。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おめん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット