大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

すみれ島」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

すみれ島 作:今西 祐行
絵:松永 禎郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1991年12月09日
ISBN:9784034380604
評価スコア 4.9
評価ランキング 9
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 残さなければいけない一冊

    海軍特攻隊って聞いて何人の子どもたちが判るのだろうか? かくいう自分も戦後世代。
    だけど、戦争と平和ということをいやというほど教えられてきた世代でもある。
    無邪気に見送った飛行機が、死ぬために飛んでいるなんて誰も思わないだろう。
    戦争って、信じられないことが本当に当たり前になってしまうんだ。
    自爆テロ、ビルに乗客とともに突っ込んだジェット機もあったっけ。
    そして、信じられないことが一つ一つ過去形になり、忘れ去られていく。
    悲しいこと、嫌なこと、不幸なことはあまり思い出したくはない。
    けど、だからこそ、この絵本は忘れてはいけない一冊だと感じた。

    航空隊に届けたすみれ。
    そのすみれを受け取って、これから死んでいく特攻隊員は昔の遊びを思い出し、花相撲で布団いっぱいにすみれを散らして、それで眠ったんだって。
    そんな人たちが、イヤでも受け入れなければいけなかった死。
    しかも、「国を守るためって」思いこんで死んでいった。
    それが戦争なんだよ。

    人の命が散った後、小島に咲いたすみれの群集。
    たまりません。
    松永禎郎さんの絵も、話にマッチしていてとても良い本です。

    掲載日:2010/03/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 涙がこぼれます

    きれいな題名
    きれいな表紙 だな・・・と
    図書館でなにげなく手にしました。

    その場でパラパラと読み始めると
    涙がポロポロポロ
    図書館で涙が止まりませんでした。

    戦争中にあったお話です。
    特攻隊を知らない無邪気な子供は飛行機を見て喜びます。
    出撃前夜に子どもたちからスミレの花を贈られた
    若い隊員の書いた、子どもたちへのお礼の手紙は、
    涙なしに読めません。

    戦争中、命令一つでこんなふうに命を終わらせなければならなかった若者たちがいるということを 想像できる年齢にこそ読んで欲しい絵本だと思いました。

    とても美しく、とても哀しいお話です。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「すみれ島」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.9)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット