庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

彼の手は語りつぐ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

彼の手は語りつぐ 作・絵:パトリシア・ポラッコ
訳:千葉 茂樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年05月
ISBN:9784751519844
評価スコア 4.85
評価ランキング 91
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 真実の重みがどっしりと迫ってきます

    「みどりのふね」「あたまにつまった石ころが」「雪の写真家ベントレー」「ウエズレーの国」などを訳している千葉茂樹。彼の訳している本はどれも秀作ぞろいなので、この本も読んでみたくて選びました。

    もし自分が学校の先生だったら、小学校高学年や中学生に読んでみたいと思う内容です。

    南北戦争でまず思い浮かんのは「アンクル・トムの小屋」。この本も涙なしでは読めませんでしたが、このお話も実話だけあって、真実の重みがどっしりと迫ってきます。

    戦争中、けがをして倒れているところを黒人のピンクスに助けられた白人のシェルダン。

    二人は、シェルダンのけがが癒えるまで、ピンクスの母に面倒を見てもらいます。

    二人は共に少年兵。戦争は少年であっても容赦なく巻き込まれるということ、ピンクスは戦争を自分の戦争として捉えているのに対して、シェルダンは戦争が怖くて逃げ出した脱走兵。同じ少年でありながら、戦争に対する温度差。

    勇敢なピンクスに引け目を感じるシェルダン。

    戦場となったお屋敷で帰ってくるであろう子どものために危険を承知しながら屋敷に住み続けたピンクスの母。

    その母が、二人の少年をかくまうために、南軍の犠牲になってしまいます。この母親の気持ちは、母親ならではの無償の愛を感じさせます。

    絵本なのですが、ぎっしりと詰まった内容で、読者を惹き付けます。それと同時に戦争の悲惨さがひしひしと伝わってきました。

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「彼の手は語りつぐ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / めっきらもっきらどおんどん / 100万回生きたねこ / にじいろのさかな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット