だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

彼の手は語りつぐ」 大人が読んだ みんなの声

彼の手は語りつぐ 作・絵:パトリシア・ポラッコ
訳:千葉 茂樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年05月
ISBN:9784751519844
評価スコア 4.85
評価ランキング 90
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひいひいひいおじいさんに起きたホントの話

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    すごく想いのこもった作品でした。
    中高生のお子さんたちに、南北戦争を習った(または習う前)後に紹介したいな〜と、思って、試しに音読してみたら、なんと!33分かかりました。
    間を考えずに、とりあえず一通り読んでみての分数なので、間を入れて読むともう少しかかりそうです……。
    残念。読み聞かせは難しそうです。ブックトークでの紹介を何らかの形でしていけたらいいなと思っています。

    この話は、作者パトリシア・ポラッコのひいひいひいおじいさんに当たる人に本当に起こったことで、
    ひいひいひいおじいさんの「シェルダン」が、当時15歳で南北戦争に参加していた頃の思い出を
    彼が大人になってから自分の子どもに語り、その子がまた子どもに語り…と、パトリシアもお父さんから語り聞いた話です。
    パトリシア・ポラッコの絵本のほとんどは自分が実際に経験したことを物語った作品が多いですが、
    この作品は、直接作者にあったことを語っているわけではなく、終始語り手(聞き手でもあります)として存在しています。

    シェルダンを助けてくれた少年は黒人の「ピンクス」。南部の奴隷の1人でしたが、主人が文化人だったのか、ピンクスは文字が読め、たぶん当時は画期的なアイテムであった“メガネ”を持っていました。
    ピンクスの母、モーモー・ベイは、愛嬌があって大らかでとても母性の強いやさしい人。
    シェルダンは彼らが『確かに生きていた』ことを伝えたかったのでしょうね。
    でも、まさか自分のひいひいひ孫が絵本という媒体で、このふたりの物語を伝えてくれるとは思ってなかったでしょうね〜。ぜひぜひ、たくさんのお子さんたちに手に取ってほしい1冊です。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • オバマ大統領就任をきっかけに紹介しました

    • 西の魔女さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    奴隷制度をなくそうと同じ志のもとに戦った
    白人の少年シェルダンと
    黒人の少年ピンクスに芽生えた友情が描かれています。
     
    読みながらこの戦いの中にある矛盾を感じました。
    同じ志を持って戦っているはずなのに
    白人と黒人は別々に部隊を組んでいるようでした。
    そして黒人の部隊には始めのころ武器も与えられず
    素手や棒のきれはしで戦っていたとか。
    後になって武器を与えられますが 
    おそらく白人部隊のおさがりだったのでしょう
    とても古い銃だったとありました。
    読む前は 奴隷制度の廃止=黒人差別の根絶…
    そんな気持ちでいましたが
    戦争に勝利し 奴隷制度が廃止となっても 
    (歴史を振り返れば分かりますが)
    悲しいかな…黒人への差別はなくならなかったのです。
    未来への希望を抱き入隊したピンクの気持ちを思うと
    とても残念な結末でした。

    残酷ですがこれが現実だし 
    アメリカの辿ってきた歴史なのですよね。

    そして折りしも今年 アメリカ国民によって
    黒人であるオバマ氏が大統領に選ばれました。
    この問題を解決していく上で 
    大きな一歩を踏み出したであろうこの年に 
    ぜひ紹介したい本だと感じ 
    昨年度、5年生のおはなし会に持って行きました。
    このおはなし会のあと 
    教室に絵本を一週間ほど置いていただいたのですが
    たくさんの子どもが手にとってくれたとか(息子談)
    紹介してよかったな…と思いました。

    掲載日:2009/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「彼の手は語りつぐ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / めっきらもっきらどおんどん / 100万回生きたねこ / にじいろのさかな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット