だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

きんぎょのうんどうかい」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

きんぎょのうんどうかい 作・絵:高部 晴市
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784577022542
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,511
みんなの声 総数 26
「きんぎょのうんどうかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アカさん、大奮闘

    きんぎょのアカさんシリーズの中の一作。
    毎回、驚きの動きを見せてくれるアカさんですが、今回はなんとフーちゃんの学校の運動会に参加。
    応援に来ていたほかの金魚たちも加わって、急きょ、金魚のレースが行われることに。
    金魚すくいの輪くぐりに始まり、網くぐり、マットの上でのでんぐり返り・・・。
    必死に走る金魚たちと暢気な観客の様子が対照的で笑いを誘います。

    子どもたちも「えーっ、何で金魚に足があるの〜!?」と尾びれで器用に走る金魚たちの姿に驚きつつも、アカさんたちの奮闘ぶりを楽しそうに眺めていました。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    金魚が人間みたいに歩いたりしゃべったりするちょっと変わった絵本。
    レトロな絵がいい雰囲気です。
    赤い金魚のあかさん、白いきんぎょのしろさん、黒いきんぎょのくろさんと、そのまんまなネーミングもいかしています。
    あかさんの話すカタカナのセリフが、ちょっとはすっぱな感じなのも面白い。
    頑張ったごほうびは大好物の「おふ」ですって。
    この不思議な世界にどっぷり浸って楽しみたい一冊です。子どもよりも大人に受ける絵本かも。
    シリーズで出ているようなので、ほかのも読んでみようと思います。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙からして・・・

    レトロな表紙に惹かれ図書館で借りました。
    予想通り下の子が気に入り何回も読んで読んで
    攻撃にあってます。
    きんぎょのあかさんがフ−ちゃんと一緒に運動会へ・・・
    そして障害物競走に出る?!

    昔可愛い感じの絵が面白く、思わずあかさんを
    応援したくなってしまった私でした。

    運動会前に読むとまた気分も盛り上がるかもしれないですね。
    ドキドキするような絵本ではないですが
    親子で楽しく読める絵本です。

    掲載日:2009/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きんぎょのうんどうかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり / もこ もこもこ / どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット