だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ペチューニアごようじん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ペチューニアごようじん 作・絵:ロジャー・デュボワザン
訳:松岡 享子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年02月
ISBN:9784572003676
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,380
みんなの声 総数 9
「ペチューニアごようじん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 天然キャラがかわいい

    ちょっとマヌケだけれど、憎めない天然キャラがかわいいがちょうペチューニア。いつも自分のえさは食べずに、他の人のえさばかりほしがって、とうとう柵を越えて、草が青々としておいしそうに見えた丘へと出かけていきます。
    食べてみては「まったくおなじくさでした」と気がつくのですが、「いいわ。もうちょっと先までいってみましょう」と突き進むペチューニア。次々と出会う動物たちに、いたち、きつね、あらいぐま、やまねこにごようじんと言われても、気にせず奥へ奥へ。一緒に読んでいた子どもたちと、大丈夫かなぁと心配しながらページをめくっていきました。
    最後にはやっぱり自分のところが一番と気がつくのですが、それを自分の目で確かめることができたのだから、冒険も無駄ではなかったんですね。自分のところに帰って草を食べるペチューニアは、とてもいい顔してます。

    掲載日:2012/07/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵な絵本です!

    5歳幼稚園年長さんの娘と一緒に図書館で読みました。
    自分の手元の草より,遠くに見える草を美味しそうに思うペチューニアのお話です。
    「隣の芝は青い」,誰でも時に思うことなので,読んでいて面白いお話だと思います。
    子供もたくさんの動物たちが出て来たり繰り返し要素もあり楽しめたようです。
    中盤からはペチューニアを狙う4匹の動物たちが登場でドキドキでした。
    メッセージ性も感じられる,素敵な絵本でした!
    経験してみて失敗してみて,わかることもあるものね。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隣の芝生

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    息子が「ペチューニア」シリーズにはまるきっかけになった1冊です。

    「隣の芝生は青い」を、そのまま絵本にしたような展開ですが、最後にペチューニアが食べられそうになるところが小さい子向けの絵本らしさを出しています。

    気になったのが、話の途中で「あらいぐま」が「あなぐま」に変わってしまっていたところです。訳のミスでしょうか。

    掲載日:2013/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ペチューニアごようじん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット