ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

とらっく」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

とらっく 作・絵:バイロン・バートン
訳:こじま まもる
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:1992年
ISBN:9784323019222
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,618
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 左側通行?

    単なるのりもの絵本のようでありながら、「どうろです」から始まってちょっぴりストーリー仕立てなところがとても気に入っています。

    おそらくアメリカは右側通行なのに、この絵本は左側通行になっていますね。
    修正したのかな・・・。
    一か所、車は左側通行なのに標識は右側についているページがあって、う〜むと考え込んでいます。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミニカーで遊ぶように

    同じシリーズの「でんしゃ」を2才の息子がとっても気に入って読むので、こちらもきっと気に入ると思いました。やはり予想通り、「でんしゃ」ほどの執着はないものの、楽しそうにページをめくっています。
    こちらでは、いろいろなトラックが出てきて、お仕事をしています。ごみ収集車、工事車両、高所作業車などなど。カラフルな色使いのかわいいトラックたちは見ていて飽きません。息子はミニカーで遊ぶ感覚で読んでいるようです。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • とらっく楽しいです。

    息子が入院する直前に購入した絵本のひとつです。
    退屈な入院生活をがんばって乗り越えるために大好きな乗り物の絵本を買ってみました。

    トラックにもいろいろ種類があり、それぞれの役割を持っていることがこの絵本からよくわかります。息子はまだあまり理解できていないかもしれませんが、楽しそうに読んでいます。最初はこのシリーズの『とらっく』以外の3冊を購入していて、気に入ったのでので、あとからこの本も読みたい!と思い購入に至りました。「〜です」「〜ます」という簡潔な文も分かりやすく、読みやすいです。
    作者と絵が外国の方なので、絵がとってもかわいい♪色使いと絵を黒く縁取った線が、私はとても好きです。

    もっと前から手にしてたかったな〜と思う絵本です。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい車の本

    バイロンバートンの絵本はいつもかわいい色使い。
    車の本でも男の向けって感じじゃないです。
    いろんなトラックがでてきますが
    外国のなので、こちらとちょっと違う車もあって
    何の車かな?と子供もわかりにくいようですが
    はっきりした線と色で
    楽しい気持ちになります。

    小さいサイズなので、ちょっとした時間に読めます。
    持ち歩いていてもかわいいのでいいなと思います。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    いろんなトラックが登場します。トラックそれぞれの役割があって面白いです。私も知らない事があったので勉強になりました。これ1冊で結構車に詳しくなれるんじゃないでしょうか。孫も普通の自動車とは違ういろんな車を珍しそうに、嬉しそうに眺めてました。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車好きにはたまらない!

    車好きな息子の大好きな本です。

    働く車がはっきりとしたわかりやすい絵で
    描かれています。
    息子の好きな車ばかりがのっていて私が
    読む前に『これ○○!』と先に言われちゃ
    います。
    大のお気に入り。
    毎日毎日読んでいます。

    車好きにはかなりおすすめです。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物がたくさん。

    同じシリーズの「でんしゃ」が大好きな息子に読みました。
    乗り物がとても大好きで、

    いろいろな乗り物が登場します。
    ゴミ収集車、コンクリートミキサー車、レッカー車やガス・電気会社のトラックなど。。。
    ちょっと馴染みのないものもありますが、それぞれの乗り物がどのような働きをしているのかが描かれているので、名前と形をすでに覚えている息子にも新しく知ることがあって楽しかったようです。

    カラフルで親も見ていて楽しいとても好きな絵本です。

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が2歳半のときにいただいた絵本です。
    いろいろな種類のトラックが、わかりやすい絵と、
    1行ずつの簡素な文で描かれていて、
    乗り物が好きなうちの息子は、よく自分でペラペラとページをめくって
    見ています。
    うちにある、写真で乗り物が載っている「のりものずかん」と一緒に、
    照らし合わせながら見ている時もあったりして、
    楽しんでいる様子です。

    掲載日:2008/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車が好きな子に

    車好きの息子にプレゼントで頂きました。

    息子の中ではほんとにベストセラーです。

    「どうろです」
    「はしをわたります」

    などなど、車に乗るたびに、絵本を思い起こして口から出てきます。

    大きなトラックと見れば「ひっこしやさんのトラックです」などなど、親も息子にわかりやすいようにと、覚えてしまいました。

    絵がカラフルで、リアルさにはちょっと欠けると思いますが、子どもは自分のなかで勝手にリンクしていくのでしょうね。

    絵本をひろげてその上をミニカーで走らせたり、絵本とはやや違う使い方をしてるときもあるくらい、彼にはお気に入りの1冊です。

    掲載日:2008/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな活躍をするトラック

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    保育園の絵本貸し出しで、息子が選びました。
    無類の「働く車」好きなので、自分で選ばせるとたいていこういう系統になります(笑)

    太い線にはっきりした色彩で、とても分かりやすく描かれています。
    ブルーナの絵本を思い出させます。
    息子よりももっと小さい、0歳のお子さんからでも楽しめるのではないでしょうか。
    トラックが、ただ単に走っているだけではなく、
    どんなことをするトラックなのか、どういう風に生活に役立っているのかを、
    ごく自然に学ばせてくれますね。
    私たち大人も、当たり前のように暮らしているけれど、
    実はその恩恵を受けているってこと、なかなか気づかないですから。
    「トラックさんすごいね」って息子とお話しすることで、
    さらにトラックへの憧れが強くなったみたいです♪

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とらっく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / どうぞのいす / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット