ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おやすみみみずく」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

おやすみみみずく 作・絵:パット・ハッチンス
訳:渡辺 茂男
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1977年07月
ISBN:9784032011401
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,295
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なかなか眠れないと思ったら…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    みみずくが、木に止まって寝ようとするのですが、次から次に鳥たちがやってきて鳴きます。おかげで、みみずくはなかなか寝ることができません。
    ハッチンスの描く色鮮やかな世界に、子どもたちの目はきらきらと光ってきました。そして、鳴き声の表現がまた面白く思わずニヤリ。日本人の描く世界との違いを感じることができると思います。
    さてさて、なかなか眠れないみみずくさん、どうなることでしょうか。

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鶏よりも早起きして読んでくれました

    まず、きれいな木の色(葉っぱや花の色)が目を引きます。そこに、1羽、2羽と、色鮮やかな鳥たちがやってきて、ピーチク、ガヤガヤ、みみずくの眠りを妨げます。娘は、1ページごとに、げらげら。
    図書館で借りて読んだのは、原書(GOOD−NIGHT OWL!)ですが、いろいろな鳥の鳴き声もおもしろく、英語、日本語の響きを比べてみるのも楽しいかもしれませんね。繰り返し、繰り返しで進んでいき、最後の最後で大爆笑。みみずくも、いっしょに寝ちゃうのかと思ったら・・・。そうはいかないのが、ハッチンスの絵本です!

    ここ1週間、少なくとも1日3回はこの絵本を読んでいる娘。きのうは、ヨーロッパに住むパパの妹にも、電話越しに読んであげていました。
    そして、日曜日の今朝は・・・5時半に目を覚まし(1週間前に夏時間に変更したばかりなので、5時半=4時半!)ママを起こし、パパを起こして、朝から上機嫌の娘が持ってきたのは、この絵本。外はまだ真っ暗だというのに、声を張り上げ、大熱演で読み終えた娘に、パパが一言。“Are you an owl?”・・・
     来週末までには、娘の中でのブームも少しは冷めていることを願いつつ(!)娘の熱中振りに負けて、すでにオンラインで注文をしてしまいました。

    掲載日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おやすみみみずく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット