おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

だじゃれ日本一周」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

だじゃれ日本一周 作:長谷川 義史
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784652040850
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,275
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • だじゃれで日本を知る!

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子7歳

    日本を勉強するにはもってこいの一冊!
    だじゃれで紹介する、各都道府県のページには
    その地域の土地柄、特産品など一押しモノの宣伝が満載。
    地域の様子がとってもよくわかります〜。

    ただ、7歳の息子には、まだよくわからず
    母があれこれ説明しつつ進めました。

    意外に父が食いついて、これは何だ?あれはそうか!と
    楽しんでいました。

    10歳兄は、だじゃれづいている今日この頃。
    この絵本のだじゃれを普段使っているとのこと!脱帽。


    7歳の息子が、地図を理解できる兄の年頃になったら、
    また読んであげたいと思っています。

    長谷川義史さんの絵が、とにかくおもしろいです。
    だじゃれは、ちょっと無理があるものもあるけれど、
    よく考えた!というものがいっぱいあります。

    クラスに読み聞かせより、
    家でじっくり読みながら、絵を見ながら…
    の方が向いているような気がします。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • 47都道府県が楽しく学べる!

    長谷川さんの新刊が出る!と聞いてとても楽しみにしていました。
    今回はだじゃれで日本の47都道府県がすべて覚えられるという親にとってはありがたい?魅力いっぱいの絵本です。

    ちょうど、長谷川さんの講演会に参加してこちらの絵本が生まれたエピソードなども聞かせていただいたのですが、だじゃれで47都道府県を考えるのもなかなか大変だったようで、見開きのページでどの県とどの県を組み合わせようかというのも考え抜いたと話されていました。
    それだけあって・・どのページも笑い出してしまうだじゃれで何度でも声に出して読みたくなります。

    そしてどのページに描かれている挿絵も描く都道府県の有名なものを捉えて描かれていて為になります。
    それも、調べたり、電話をしたり苦労したんです!と話されていました。
    その苦労もあってほんとにリアルにその県が伝わってきます。

    途中で「しばけん」(千葉県)「わ・かやまゆうぞう」(和歌山県)

    なんていう異質な?ページもあって、ここは空気を変えたくって・・とお話されていました。
    このページは私も好きです。

    最後は、北海道の「もっかい どう?」でうまく〆られていて
    さすが!!と大拍手でした。

    小学生もこれからは教科書改訂で都道府県も必須になりますし、このだじゃれ日本一周で都道府県を楽しく覚えるというのもいいですね!

    ほんとにお勧めです!

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • いいから いいから

    だじゃれで日本一周とは!
    長谷川さんの発想はスケールが違いますね!

    そりゃまぁ、47もあるので、多少くるしいだじゃれもありますが、その「うーん」も、また楽しいのです。

    だじゃれ以外に、名所・名産品なんかが、ちょこちょこっと描かれてて、それを見るのも、これまた観光気分が味わえます♪

    一番印象に残ったのは、長崎県!
    だって・・・
    「長崎ちゃんぽんを食べてるこのひと!!」
    親子で叫んでしまいました(笑)

    だじゃれもユルく、いいから いいから。
    そんなカンジの一冊です!!

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • だじゃれ日本三周

    • マキにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子4歳

    『すべってころんでおおいたけん』は、むかし喜んで言っていた記憶があります(笑)
    でも、侮ることはできませんっ!見開き2ページで、二つの都道府県がちゃんと物語になっていて、しかも、なんとなく、ご近所さんでまとめてあります。
    作者の長谷川さんは、どの都道府県同士をセットにしようか、かなり悩まれたと思います。
    本当によくできてるなぁと感心しました。
    7歳の息子と4歳の娘には、多少わからないところもあるものの、テンポの良さも手伝って、なにやらツボにハマったようで、一気に日本3周させてもらいました。
    そして、やっぱり、子どもたちの笑いと一番人気をさらっていくのは、大阪府です!
    生まれも育ちも大阪の私にとっては、誇らしいような、こっぱずかしいような…
    そんな私は、“巌流島の決闘、SL、松下村塾”と知的な山口県や、“もも、ぶどう、武田信玄”と爽やかな山梨県などに憧れてしまいます。
    また、高学年くらいのお子さんなら、都道府県名のところを伏せて、クイズ形式で読むのも楽しいかも知れません。
    この名物のなかで、唯一わからなかったのが、沖縄県の“ミルク様”。早速調べました。
    また、訪れたことのある都道府県では、さらに盛り上がります。
    頭の柔らかい子どものなかでは、行ったことのない都道府県は、きっとこの絵本のだじゃれのイメージが根付くと思います(笑)
    子どものころのことは、大人になってからもよく覚えているので、きっとウチの子たちのイメージは、このまま定着することでしょう(笑)
    これほど影響力の長い絵本は、珍しいかもしれません。
    いやぁ、まいったまいった、長谷川さんにはかなわんがなけん(神奈川県)

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長谷川義史さんの作品、おねしょのかみさまをはじめ、かあちゃんがつくったる等、色々読みました。
    子供共々大ファンで、かあちゃんがつくったるの絵本は30回は読んだような・・・笑
    好きすぎて読み聞かせのイベントにも参加したほどです。
    この絵本もですが、長谷川さんの書く色鮮やかで温かみのあるごつごつしたイラストと、短くまとめられた文章は、どの一文も心に残ります。
    そして、どんなシリアルな内容の時も、どこかにぽっと明るさを交え、面白く包んでくれます。
    日本って・・・色んなチームにわかれていたんだ、それぞれのチームはみんなちがったよさがあるんだーと、子どもは好きな県を繰り返し見ていました。
    広島県に出てくる子の顔は・・・となりのおじさんに似ているね!と大うけ。笑
    ドツボだったようで、広島県の位置は一発で覚えました。笑
    この絵本は、日本の子供たちは勿論、海外のお友達にプレゼントしたいと感じた絵本ですよ。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低学年にぴったり

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    長男と一緒に読みました。一年生になってからというもの、なぞなぞやダジャレなどの楽しめる分野の本をよく読むようになりました。友達との関わりが増える時期で、いろいろなネタを仕入れては披露して得意になっている年頃です。

    都道府県についてはまだ学校ではならっていませんが、大体はわかっている様子、クックッと笑いながら、覚えられそうなのを繰り返し練習していました。楽しいですね。

    掲載日:2015/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名物や名産品も!

    小2の息子が学校の図書館で借りて帰りました。
    長谷川義史さんの絵が好きで
    「この絵本『いいからいいから』のおじいさんも出てくるよ!」
    と嬉しそうに言ってました。
    各都道府県の名産、名物などがダジャレと一緒に
    描かれていてじっくり楽しみたい絵本です。
    都道府県入門として、小さい頃からこんな楽しい絵本で
    触れ合うと社会科で本格的に習う頃に
    楽しく勉強も出来ると思います。

    掲載日:2012/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    7歳の長女は、お笑い大好き。で、だじゃれも大好き。都道府県の名前や場所、特産などを覚えるのをすごく楽しんでました。子供にとっては遊びで都道府県のお勉強。これで、日本に興味をもったみたいで、ニュースも最近気になりだしました。
    2歳の次女は、絵本のページに隠されたどんぐり君を探すのに夢中。
    家族全員この本が大好きです。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に楽しい

     本屋さんで息子が選んだ一冊です。
     本当は,別の絵本を買う予定だったのですが,息子が店頭に並んでいるこの本を見つけて,気に入って購入しました。
     
     47の都道府県が,だじゃれで紹介されています。長谷川さんの楽しい絵に,だじゃれが一杯つまっています。(少し「お下品な」だじゃれもありますが,そこが男の子に受けるようです。)

     「大分県」などのだじゃれは,自分も子供の頃よく言っていましたが,これは少し強引だなと思うものもあります。でも,その意外性が,また楽しいと感じます。

     息子が好きなのは「大阪府」と「奈良県」。
     また,各県のページには,その県の名物や名所が描かれており,息子も,自分の住んでいる県を見つけて,「これ知っている」と大喜びでした。

     この絵本で,自然に都道府県の名前が覚えられると思いますが,そんな事より,面白い言葉遊びを親子で楽しんでください。 

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく日本一周♪

    都道府県に興味を持ってもらおうと、購入。
    ときどき、思い出しては見ています。
    ちょっと強引だったりするけど・・
    やっぱり笑える。
    長谷川義史さんの絵だと、なんでもあり!
    になっちゃうかも(笑)

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だじゃれ日本一周」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / あおくんときいろちゃん / としょかんライオン / チリとチリリ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット