ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼくがあかちゃんだったとき」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくがあかちゃんだったとき 作・絵:浜田 桂子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784774604824
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,246
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 二人目が生まれた時にもぜひ…

    • かなおママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子 2歳、男の子 0歳

    息子が生まれたこともあり、2歳の娘は赤ちゃん返りの真っ最中。
    哺乳瓶やおしゃぶりを使いたがったり、抱っこ要求が増えたりと大変でした。

    そんな時、家にあったこの絵本をたまたま娘が持ってきて読みました。
    この絵本はセットで買った絵本の1つで、私もまだ読んだことがありませんでした。内容も6歳の男の子が生まれた頃をお父さんが振り返る話で、正直娘にはまだ難しいんじゃないかなと思っていました。

    読みながら、「○○(息子)みたいだねぇ。○○(娘)もそうだったんだよ」と話していました。
    愛情あふれる文、読む私もぐっときて読んでいたからか、娘も何か感じたようです。
    横で聞いていた主人も「いい本やなぁ」とポツリ。

    それ以来、娘はたまに「よんで」と持ってきます。
    そんな時は、ひざの上に座らせてたっぷり甘えさせながら読んでいます。

    愛されて育ったことが確認できる素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくがあかちゃんだったとき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / くれよんのくろくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット