雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

ぼくがあかちゃんだったとき」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくがあかちゃんだったとき 作・絵:浜田 桂子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784774604824
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,247
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • できることなら、もう1度

     娘が小さい頃からのお気に入りの1冊に、同じ作者の「あやちゃんのうまれがひ」という本があります。このお話は、あやちゃんの“男の子版”といった感じでしょうか? 

     どちらも、6歳になった誕生日(あやちゃんは、その少し前)に、自分が赤ちゃんだった頃のことを、お母さん、お父さんから聞く、という設定ですが、あやちゃんのほうは、文字通り「うまれたひ」のことを中心に、あやちゃんの誕生を待ちわびる家族の様子や気持ちが丁寧に描かれているのに対し、こちらの本は、ぼくが生まれた瞬間から、初めて歩いた日までの約1年の出来事や成長を、未来(6歳)の「ぼく」が、そっとのぞいているような、すてきなレイアウトになっています。

     先に1人で読んでいた娘は、「あやちゃん・・・」と同じく、この本も気に入ったようで、にこにこしながら、「1番おもしろかったのはね・・・」とページをめくり、オムツ換えのときにお父さんが「おしっこシャワー」を浴びる場面を見せてくれました。そう、男の子は、よくおしっこシャワーをしちゃうんだよね、と話すと、「え〜! 絶対(自分の赤ちゃんは)女の子がいい!!」と、言い切っていました。

     そして、いたずら盛りのページにくると、「Jも、ティッシュペーパーを全部出しちゃったの?」とか、「でも、こんなことはしなかったでしょ?」なんて、自分が赤ちゃんだった頃のことをいろいろ聞きたがり、当時を懐かしく思い出しながら、娘のいたずらの数々についても、たくさん話してあげました。

     表紙の「1さいのたんじょうび」の写真(の絵)も、素敵ですね。娘のために焼いた初めてのケーキに、たった1本だけキャンドルを立ててお祝いした誕生日が、ついきのうのことのようでもあり、はるか遠くに過ぎ去った昔のようにも思えます。
     
     生まれた日のことはもちろん、初めて熱を出した日のことや、初めて立った日、歩いた日・・・と、あの頃のことが走馬灯のようによみがえってきて、最初の1年間が、どれだけ親としての喜びと感動に満ち溢れたものであったか、と今さらながら気づかされた思いでした。
     できることなら、もう1度あの日々を繰り返してみたい、今度はもっとゆとりを持って、心の底から楽しみながら・・・。

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくがあかちゃんだったとき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / くれよんのくろくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット