ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

やまこえ のこえ かわこえて」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

やまこえ のこえ かわこえて 作・絵:こいで やすこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784834017847
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,089
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ドキドキ感!

    きつねのきっこちゃんシリーズで初めて買ったのがこちらでした。
    秋の夜のお話で,3歳の娘はドキドキしながら聞いていました。
    ふくろうのろくすけ,いたちのちいとにい,お月様と,きっこちゃんを見守る仲間達が出てくるところが,ドキドキの夜のお話の中で娘は安心して聞けたようです。
    いなり寿司を作る場面は本当に美味しそうで,娘が「今度いなり寿司を作りたい〜」と言ったのは言うまでもありません!
    秋祭りの様子の絵も,娘は興味津々で隅々まで見ていました。
    満月,秋祭り,季節感もありとてもよかったです。
    この本から,きっこちゃんシリーズが大好きになり,「おなべおなべにえたかな」「たろうめいじんのたからもの」を購入しました〜。
    可愛い絵本で,親も癒されます。

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくない こわくない

    大好きなきっこちゃんシリーズ、第二弾です♪
    3歳の次女に初めて読んであげました。

    表紙からちょっとだけのぞく三角耳に興奮していた娘ですが、
    一番最初の、「こわくない こわくない」のおまじないが一番印象に残ったようです。
    夜中ひとりでお出かけなんて、怖いですもんね(^^)。
    みんなについてきてもらって、無事あぶらあげ買えて良かったね!
    次女は、いたちのちいとにいの必殺技に笑っていました(笑)。

    きっこちゃんがおいなりさんを作るシーンでは、
    「おいなりさん食べたい!」って必ずよだれが出ちゃいます。
    朝になると、ふくろうさんが眠そうにしている所もなんだかツボです。
    お月様も眠りについて、お日様が出てくる所もいいですね(^^)♪

    「こわいぞ〜、こわいぞ〜!」には少しビビリ気味(?)だった娘ですが、
    最後のきつねのかわいらしさにホッとしたようです。

    お話の展開が小気味良くて、
    最初から最後まで飽きることなく楽しめる本だと思います。

    手元において、いつでも楽しみたいシリーズですね(^^)♪

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわいぞ〜こわいぞ〜

    極端に恐がりの娘にはどうかなと思ったんですが・・・。
    「こわくない こわくない」というきつねのきっこのおまじないから始まるこのお話。
    きっこが夜中に町に買い物に行きます。友達に会うたびにみんながついてきてくれますが・・・。

    「こわいぞ〜 こわいぞ〜」の場面でちょっと顔が引きつったような気がしましたが、いたちのちいとにいの思いがけない仕返しに大爆笑^^
    きっこがあんなにたくさん油揚を買ったのは、なあんだそういうことだったんですね!
    最後に怖かったものの正体も明らかになってホッとしている娘でした。

    きつねのきっこシリーズ、何冊か読みましたがどれも楽しいお話ばかりです。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読後感がいい

    きつねのきっこのシリーズは、
    娘が絵本好き(特にストーリーのあるもの)になるきっかけになった本なので、
    私も娘も思い入れがあります。
    今回の物語は、きっこがひとりで
    夜遅くに買い物を行くところから始まるのですが、
    おなじみのチイとニイやロクスケなどが登場し、
    なんだか月がきれいな晩のお散歩のようで、
    ちっともこわくありません。
    加えて、こいでさんの絵、特に色使いが大好きなのですが
    月夜の晩の澄み切った空気まで描かれているような美しさです。
    買った物は油揚げ100枚!!御代がきのこ(松茸に見えます!!)というところもほほえましいです。
    (お互いオマケつきつとうところも、ほっこりします)
    完成したいなり寿司があまりにおいしそうで
    近々いなり寿司食べようと、娘と話しました。
    読み終えたあと、なんだかにっこりしてしまう、そんな一冊です。

    掲載日:2008/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お豆腐屋さんになったら会えるかな

    偶然図書館で借りた絵本の中で、うちに置きたいなと初めて思った絵本です。

    ページをめくる度に“きつねの きっこが おでかけです”という繰り返しが心地良く、
    山を下りてお買い物に来た、そこのお豆腐屋さんが、
    「あきの まんげつだから まっていたんだよ」というやりとりや、
    お代は“きのこ と くり”というのも、ほのぼのとして好きです。

    山も町も寝静まった早朝の“きっこ”と“お豆腐屋さん”の
    秘密のやりとり‥他には誰も知らないはず‥

    でも、んっ?そこにいるのは誰?

    二度三度と読むうちに、隠れたモノを発見したり、「そうだったのか〜」と納得させられたりします。

    この絵本の見せ場はやっぱり、お豆腐屋さんからの帰り道でしょう。

    何者かが度々“きっこ”のアレをツケ狙って出てきますが、
    最初威勢の良かった要求が、だんだん控えめになっていくのが笑えます。

    ひょっとして最後は「1枚でもいいから〜」なんて言いそうな気がしてページをめくってしまいます。

    ツケ狙う声の正体が最後に出てきますが、意外な存在で笑えました。

    この絵本を読んでから、うちの息子は影に隠れては「こわいぞ〜こわいぞ〜」って家族をびっくりさせて遊んでいました。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やまこえ のこえ かわこえて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / どうぞのいす / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(50人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット