ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

やまこえ のこえ かわこえて」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

やまこえ のこえ かわこえて 作・絵:こいで やすこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784834017847
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,089
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 秋におすすめの1冊になりました☆

    5歳の娘と楽しく歌うように読んでいます。
    「やまこえて やまこえて きつねのきっこが おでかけです」
    と、リズムのよい言葉が読みやすく楽しいです。

    夜中におかいものするところや
    おつきさま・ふくろうのろくす・けいたちのちいとにいが
    お供についてきてくれるところや
    あぶらげ100枚
    という大量のおかいもの、
    そして、帰り道の「こわいぞー、こわいぞー」という声の正体
    どの場面も、わくわくどきどき、読み応えのある内容です。


    秋祭り、きっこのいなりずしをお目当てにしてやってくる
    たくさんの動物たちがかわいらしい、
    ラストの落ちも思わずうふふ・・・と
    笑顔がこぼれてしまいました。

    秋の読み聞かせ会でも読んでみましたが、小学生もたくさんの場面で
    わくわくドキドキを味わっている様子が伝わってきました。
    おすすめです。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • いなりやま

    おでかけする時に、目的地に向かう車の中で読みました。
    すごおおおく盛り上がりました。
    なぜなら(あらすじを知らなかったので、この絵本を選んだ時点で
    気づいていなかったのですが)目的地が絵本の中とおんなじ、
    「いなりやま」だったのです!
    いいタイミングだったなあ。絵本と現実がリンクしてしまうことは
    よくありますが(自分の方でリンクさせていくことももちろん
    たくさんあります。楽しいですからね)、こういう偶然ってほんとに
    うれしくなります。
    もちろん、娘の「もいっかい!」の声も聞くことができましたし
    読み聴かせ人(?)冥利につきますねえ。

    よなかにおかいものに行くきっこちゃん。ちょっとこわいけれど
    味方もたくさんいたので、娘も安心して聴いていられました。
    あぶらあげ100枚もしびれますね。それも10枚もおまけして
    もらって!その上、ただそれを食べるのではなく、おいなりさんを
    作って食べるのも素敵♪

    おいしいものが登場する絵本を読むと、そのおいしいものをつい
    作って食べたくなります。そろそろおいなりさんもまた作って
    食べようかな(実は目的地にあったテレビでおいなりさんのことを
    やっていて、これまた繋がってる〜!これは絶対おいなりさんを
    作らにゃなるまい!と思った私です)。

    掲載日:2012/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心した3歳児

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    3〜5歳児に読みました
    「こわくな〜い こわくな〜い」と始めただけで「こわいの?」
    と警戒する3歳児・・・
    5歳児は全く平気という表情で絵本を見つめます

    きっこちゃんと同じ気持ちになって、油揚げを買いに行き、あとは帰るだけのとき「こわいぞ〜」が始まると、子どもの表情も一瞬緊張!

    いったい誰なんだろう・・・?とラストのページを見て、もう一度前のページを見返して「な〜んだ・・・」と安心した3歳児の様子がかわいかったです

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 料理の様子が・・^^

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    「こわくない、こわくない」とおまじないを唱える所から始まるこの絵本。
    今から何をするんだろう?と思うと、夜遅くにお買いものへ行くそう。
    怖いけれど大丈夫。
    色々な仲間がついてきてくれます^^

    きつねのきっこが行った先は豆腐屋さん。
    山のお豆腐屋さんではなく、人間の住む町の中のお豆腐屋さん。
    人間のおじさんときつねのきっこのお買物のやりとりのところがすごく好き!
    人間も動物もこうやって繋がっていけたら素敵だなぁって。
    お金代わりのきのこって・・・・あれは・・・まさか!

    こいでやすこさんの描く、お料理のシーンもすごく好き♪
    きっこのお買い物もきつねらしいお買い物で、できあがったお料理もおいしそうでした〜!

    掲載日:2008/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなの優しさを感じて

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    きつねのきっこが満月の夜にでかけます。勇気をふりしぼってでかける姿に応援したくなるなあと思っていたところ、途中でたくさんのお友達がついていこうか?と言ってくれます。

    応援してくれるお友達がたくさんいるのは、本当に心強いことだなあと思いました。友達っていいなあと素直に思えることがどんなに幸せなことなのか、子どもも感じることができたでしょう。

    きつねのきっこががんばって買いものに行ったのは、みんなを喜ばせるためでした。自分のためでなく、みんなのためにという気持ちが伝わって、正直、感動しちゃいました。

    掲載日:2008/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズで大好きです

    • さなあきさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    きつねのきっこちゃんは「たろうめいじん」で知り、シリーズを読み始めました。
    今回はきっこちゃんがまちのおとうふやさんにお買い物。
    最初におまじないをするきっこちゃん、やっぱり夜は怖いのかな?と息子は心配していました。
    でもおつきさんふくろうさんいたちのちいとにいがおともに来てくれて、かいものは無事にできたのですが、帰り道に「こわいぞ〜」とあぶらあげを狙うもの・・・。
    無事にあきまつりができて一安心しましたが、私もきっこちゃんのおいなりさん食べたいな〜と思いました。
    夜に見たらこわそうなおばけも昼間に見るとかわいいこぎつねでかわいらしかったです。

    掲載日:2008/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やまこえ のこえ かわこえて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / どうぞのいす / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(50人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット