雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

がたたん たん」 大人が読んだ みんなの声

がたたん たん 作:やすい すえこ
絵:福田 岩緒
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1988年
ISBN:9784893254641
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,841
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幸せな人たち

     吉野弘の「夕焼け」という詩が好きだ。
     満員電車の中の風景。お年寄りに席を譲る娘。礼も言わず平然と座る「としより」。駅で「としより」が降りて、娘はまた席に座った。と、別の「としより」が来たので、彼女はまた席を譲った。今度は礼を言われた。そして、その「としより」も別の駅で降りて、娘はまた座った。今度も「としより」が来たが、娘は席を替わらなかった。
     「やさしい心の持ち主は/他人のつらさを自分のつらさのように/感じるから。」
     そんな少女を見つめている、吉野弘という詩人の心に惹かれる。

     電車にはさまざまな人が乗ってくるから、いろいろな心情がうかがえる。
     この絵本の乗客たちも、そうだ。
     ひとつの長いシートに座っているのは、新聞を読んでいる会社員。膝に猫を入れたバスケットを抱えている女の子。おばあさんは席に正座で眠っている。男の子は本を読んでいる。隣には柔道着を持った体の大きな青年がアンパンを食べている。そして、一番端っこには赤ちゃんを抱いたお母さん。
     一人だけ立っている青年は絵を描いているのだろうか、スケッチブックを持っている。
     これが全部の登場人物。

     「がたたん たん」と電車が揺れると、女の子のバスケットから猫が飛び出した。
     男の子が席を立って、猫を抱きかかえてあげる。
     「キキキキキーッ」と、今度は電車が急停車。おばあさんの膝から毛糸の玉が転がって。おや、みんなでそれを拾ってあげる。
     と、今度は電車の中に小鳥が飛び込んできたぞ。さあ、どうなるのか。

     小さなことでまったく知らない人が少しずつ笑顔をかわすようになっていく。
     そのたびに絵本の中の人たちに彩色されていくという憎い工夫がなされて、やがて電車は駅に着いて、みんな降りていく。
     なんだか楽しそうだ。
     ふたたび、吉野弘の「夕焼け」に戻ると、最後にはこう書かれている。
     「やさしい心に責められながら/娘はどこまでゆけるのだろう。/下唇を噛んで/つらい気持ちで/美しい夕焼けも見ないで。」
     この絵本の人たちは、美しい夕焼けを見る人たちだ。

    掲載日:2016/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 福田岩雄さん

    福田岩雄さんの作品がとにかく好きなのでこの絵本を選びました。さすが!という言葉がぴたりとあてはまる作品でした。登場人物たちの刻々と変化する表情の描写が素敵でした。特に気に入ったのは色の付け方です。電車の中に漂う空気をこの様に見事に表現するとは恐れ入りました!素晴らしいです。一瞬を逃さずに描いてある所も素敵だなともいました。皆が笑顔になるのは些細な事でなれるのだと教えてくれる絵本でした。

    掲載日:2008/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「がたたん たん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / だるまさんが / ちょっとだけ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット