おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

コッコさんのともだち」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

コッコさんのともだち 作・絵:片山 健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1991年4月10日
ISBN:9784834004359
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,428
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほどけていく心の動きの描写が見事!

    あと数か月で入園予定の2歳の息子に読みました。
    新しい友達の作り方がわからず、庭のすみっこで寂しそうにうつむいているコッコさん。
    内気な性格でいつも私の後ろに隠れているうちの子になんとなく似ています。
    どうしても仲間に入れずに、ハンカチで溢れる涙を拭いているコッコさんに息子を重ね合わせて、読みながら目頭が熱くなってしまいました。
    似た雰囲気を持つ友達を見つけて、ニッコリほほ笑みあっている場面では思わず拍手!
    子ども達は自分に合う仲間を探す能力が大人よりも優れているのかもしれませんね。

    「するとだんだんうれしくなって
     もっともっとうれしくなって
     うんとうんとうれしくなりました」
    気の合う友達を自分の力で見つけた喜びが素直に伝わってくる素敵な文にも感動します。
    たくさん遊んで、ケンカもして、たくさん心が成長したコッコさんはもう一人じゃない!
    来るべき息子の集団生活への不安が少し解消した気がします。

    掲載日:2009/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 保育園がいい

    保育園に通っている娘にはとてもタイムリーなわかりやすい内容です。
    実際に絵本の文章の中に「ほいくえん」という言葉が出てくるのもいいですね。
    娘はとても感情移入していて、何度も「コッコさん、よんで!」と言ってきます。
    またコッコさんとアミちゃんが喧嘩したシーンでは、「けんかしちゃったのかぁ」と悲しそうに聞いています。
    コッコさんシリーズ、今の娘にちょうどよい内容なので他の作品も読んでみたいです。

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達はいいね

    「コッコさん」シリーズが大好きな息子。
    その中でもこの本が一番でした。
    ちょうど、友達と遊ぶようになってきて、独りぼっちの寂しさやケンカをした時の気持ちが分かりはじめてきたのかな。
    2歳〜3歳の子にお勧めです。

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなことあったなあ・・・

     友達のいないコッコさんが保育園で友達ができる様子がえがかれています。私も子供のころ引っ込み思案な性格で、ちょっとしたきっかけで友達のできたコッコさんの姿がなんだか懐かしかったです。そしてストーリーだけでなく、コッコさんシリーズはなんといっても、この素朴なイラストがなつかし〜い感じがします。くっきりとしたイラストの絵本が多い中、やさしいタッチとわかりやすい文章の絵本は貴重な存在です。ぜひ、シリーズで読むことをおすすめします。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘に照らし合わせて

    保育園で一人ぼっちのこっこさん。
    手をつなぐ相手もみつけられないこっこさん。
    そんな時、もう一人ひとりぼっちのアミちゃんを見つけます。
    仲良くなった二人、けんかした二人、そしてみんなと遊べるようになった二人。

    二歳のうちの娘も人見知りが激しく、遊びに行ってもなかなか周りになじむことが出来ません。最近少しずつ、周りに溶け込むことができるようになってきたところで、こっこさんと娘を重ね合わせて目頭が熱くなります。

    こっこさんがアミちゃんだけでなく、みんなと遊べるようになって我が子のことのように嬉しくなりました。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達が出来たときの喜びが伝わってきます。

    もじもじ恥かしがりやなコッコさん、初めて園でお友達が
    出来ます。毎日遊んで、けんかもします^^他のお友達との
    関わりももてるようになって・・こうやって成長していくんですよね。
    保育園・幼稚園に入る前や入って慣れるまでに読むのも
    オススメです。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで遊ぶと楽しいね

    恥ずかしがり屋のコッコさんとアミちゃん。
    せっかく仲良くなったけどケンカしちゃって違う子と遊びます。
    子供の世界って大人と違って、ちょっとしたきっかけで
    すぐに垣根が取れて遊べるようになるんですよね。
    この絵本はその勇気を教えてくれます。
    娘は自分から知らない子の中へ入っていく子なのですが、
    いろんなタイプの子がいることやどんな子とも仲良く遊ぶことができるよう
    この本も入園してからもまた読んであげたいと思いました。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引っ込み思案さんへ

    引っ込み思案で保育園でお友達の輪に入れないコッコさんが、お友達が出来るまでの話です。

    同じように引っ込み思案で、その上早生まれの息子が、幼稚園に入園する前に、少しでも不安を取り除き勇気がでればと思い購入しました。

    片山健さんの絵はとても独特すぎて、好き嫌いがはっきりでると思います。子供の顔がまるで大人の顔をしているかのような不気味さも正直言って感じます。この人は絵が上手いのだろうか、へタなのだろうか、なんとも言えません。でも、何故か気になる作家で、一度読んだら忘れられないインパクトを与えられます。

    息子も黙って聞いていました。最後にコッコさんが友達の輪に入れて、自分のことのようにホッとしたみたいです。幼稚園生活にも慣れ、この本も不要かなと思い、友人の子にあげようとしたら、普段はあまり読んでと持ってこないにも関わらず、「この本はあげない。」の一言でした.... とても謎の魅力のある本です。

    掲載日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コッコさんのともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット