だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

わんぱくだんのゆきまつり」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

わんぱくだんのゆきまつり 作:上野 与志
絵:末崎 茂樹
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1997年
ISBN:9784893255907
評価スコア 4.75
評価ランキング 658
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雪と氷の世界へ!

    息子が大好きな「わんぱくだん」シリーズ。
    今回の舞台は、冬。雪の中です。
    わんぱくだんのみんなが雪の中で「かまくら」をつくります。
    そして、いつものように不思議な世界へ・・・

    かまくらって、こうやって作るんですね!
    私自身のふるさとも、そして息子が育っているこの街も、どちらかというと暖かい地方なので、かまくらなんてお話かテレビのなかでしかみたことがありません。
    そして、雪と氷の世界!!
    きっと予想以上に寒いんだろうけど、でも、憧れです。

    いつかは「かまくら」、作ってみたいなぁ・・・。
    この本を読み終わったあと、息子がつぶやいていました。

    不思議な冒険がたのしめるわんぱくだんシリーズ。お勧めです。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • けん、ひろし、くみ三人組

    わんぱくだんの仲良し、けん、ひろし、くみ三人組は、何処へいくのもいつも一緒だから冒険ができるのだと思っています。三人一緒だと怖くないし、楽しくっていいなあって羨ましく読んでます。雪と氷の世界は幻想的で憧れました。いつかかまくらの中でぜんざいが食べたいといとも思っている私です。どきどきして読めるのが嬉しいです。

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憧れるな〜

    私も前に一人で読んだときに、雪いいな〜って思ったのですが
    やはり息子も!だって、自分たちで作ったゆきだるまが
    動き出して、雪のせかいに連れて行ってくれるんですよ〜
    もう、それだけでも憧れがいっぱいなところに
    雪のせかいの遊園地まで現われて、息子の興奮度は頂点に!
    息子はまだ雪を見たことがないので、実際に雪で
    遊園地ができるのか?とかなり気になった様子でしたが
    そんなことも気にならないくらいに雪の降らない地方に住んでる
    私たちには珍しいものがいっぱいで、目でも楽しませて頂きました。

    そして、あのかまくら!
    実際に作ってみたいな〜
    読後も大興奮状態の息子と私でした (^◇^)

    掲載日:2008/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わんぱくだんのゆきまつり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット