もったいないばあさんの おいしい あいうえお もったいないばあさんの おいしい あいうえお もったいないばあさんの おいしい あいうえおの試し読みができます!
著者: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おいしいたべもので、ひらがなをおぼえよう!

のろまなローラー」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

のろまなローラー 作:小出正吾
絵:山本 忠敬
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1967年01月
ISBN:9784834000894
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,448
みんなの声 総数 94
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなの役割

    「じぷた」と同じ山本忠敬さんの絵です。古いなぁ、しぶいなぁと大人は思うのですが子どもたちにとってはあまり関係ないようですね。男の子たちはクルマが出てくるだけで大よろびです。

    のろまなローラーくんが、じゃまにされながらドンドン追い越されていきますが、道が直っていないところではパンクが続出。ちゃんとローラーくんの役割が伝わって良かったね、というお話です。さっきは悪かったね、と謝っているところがいいですね。

    みんなそれぞれに個性があって、役割があるということが子どもたちに伝わるといいなと思います。

    掲載日:2018/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子向けかな

    長女が4歳のころに読みましたが、あまり食い付きはよくありませんでした。
    もともと乗り物絵本には興味を示さない子だったので。
    お友達の男の子はとても夢中になっていてお気に入りと聞いたことがあるので、男の子向けの絵本なのかもしれませんね。
    個人的には車が擬人化されているので親しみやすい絵本だと思います。

    掲載日:2017/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なことを伝えてくれる。

    夜、寝る前に読み聞かせました。
     
    同じようなテーマの絵本はほかにもあるかと思うけれど、この絵本は、その大切なメッセージをとてもわかりやすく伝えてくれていて、子供も何度か読むうちにその思いを静かに胸のうちに受け取ると思います。

    以前、この本を読み聞かせたときは、入り込むような空気を感じられなかったけれど、4歳になり落ち着いて物語に気持ちがはいっていったようです。

    掲載日:2015/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔の本なのに古くない!

    お友達に貸してもらって読みました。
    はたらく車が大好きな息子は2回連続で「読んで!」でした。

    ずいぶん昔の本ですが、息子は全く古さを感じなかったようです。
    ウサギとカメを思い出させる単純なストーリーですが、魅力的な本だと思います。
    登場する車は擬人化されていて、運転手が描かれていないのに、ローラーには運転手が乗っています。そこが「ローラーはゆっくり走らされているんだ」って感じが強調されて、後半の逆転への反動が大きくなっているように感じました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物の表情が良いですね

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    4歳の息子と2歳の娘に読みました。
    乗り物好きな子にはうけると思います。
    山本忠敬さんの乗り物の絵はいつ見ても素敵です。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • グッドタイミング

    近所の工事現場で大きいローラーを見た直後に読みました。
    パワーショベルもダンプカーもかっこいいけど、
    ローラーもおおきくてびっくり!
    動きはゆっくりで、行ったり来たりするだけだけど、
    ローラーがいないと道路が作れないって事が分かって、
    尊敬の眼差し。

    元々道路は平らじゃなく、きれいに作ってくれた人がいるって事を理解できたのも良かったです。
    こういうお勉強から興味の対象が広がっていくのです。

    掲載日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくりでもいいんだよ

    ローラーが道をごろごろ進んでいくと、スピードの早い車に次々と追い抜かれていきます。それでもローラーはごろごろ、ごろごろとゆっくり道を進んでいきます。するとさっき追い抜いていった車たちが、でこぼこ道やでこぼこ坂でパンクして止まっています。ローラーは車たちにやさしい言葉をかけてやっぱりゆっくりゆっくり進んでいきます。


    子どもは車が大好きだけど、消防自動車とかパワーショベルとか
    そういった車に人気がありますよね。そう思うとローラーって、ちょっと地味な存在かもしれません。でもこの本を読んだらみんなローラーのファンになってしまうと思います。
    ゆっくりだけど自分の進むべき道を進んでいくローラーはかっこいい!
    山本さんの描くローラーはあったかいですね。本当に大好きな1冊です。

    背景には交通標識がたくさん出てきたり、お約束(?)のわんちゃんもいて、子どもはそんなところも楽しめると思いますよ。

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • のろまなヒーロー

    • キョッチさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子4歳

    大きなトラック、立派な自動車、そして小型の自動車にさえバカにされながら追い越されてしまうローラー君ですが、デコボコ道を平らにしながらゆっくりゆっくり進みます。

    しかし追い越して行った車たちはデコボコ道でみんなパンクしてしまい、のろまなローラー君に追い越されてしまいます。

    そこで自動車たちは気づきます。ローラー君のおかげでパンクせずに走れる平らで立派な道が出来るのですから、ローラー君はカッコいいんです。
    きっと子供はローラー君になったつもりで絵本を楽しみ、みんなに追い抜かれると悔しいし、みんなに感謝されると嬉しい気持ちになると思います。

    地面を踏み固めながらゆっくりゆっくり前に進む事も強い事や立派な事に負けないカッコよさがあるんだよね。

    掲載日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「のろまなローラー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

めっきらもっきらどおんどん / キャベツくん / いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ / とんことり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(94人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット